印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第121回(平成21年度秋季)学術講演会

社団法人 物理探査学会
第121回(平成21年度秋季)学術講演会


             会期  平成21年11月23日(月),24日(火),25日(水)
             会場  名古屋大学 野依記念学術交流館
                 [〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学 東山キャンパス内] 会場案内はこちら
                 [電話:090-7214-7500(学会携帯)]

    参加申込(講演会・交流会・見学会)
      会員:会員の方は会員ページ(こちら)より会員認証の上、
         会員サービス→学術講演会・セミナー参加登録システムでお申込み下さい
      非会員:非会員(一般)の方はこちら非会員(学生)の方はこちら

      講演会参加費
       一般: 4,000円(事前登録:11月13日まで), 5,000円(会場登録)
       学生: 2,000円(事前登録:11月13日まで), 3,000円(会場登録)

       事前登録者には,CD版及び冊子版の講演論文集を会場にて配布します(無料).
       会場登録者には,CD版を会場にて配布(無料)し,そのうちの希望者には冊子版を
         有料(1000円)にて販売します(部数に限りがあります).

       必ず会場で受付をお願いいたします.


      交流会参加費(従来の懇親会を名称変更しました)
       一般: 4,000円(事前登録:11月13日まで), 5,000円(会場登録)
       学生: 2,000円(事前登録:11月13日まで), 3,000円(会場登録)

      見学会参加費(東濃地科学センター瑞浪超深地層研究所,交通費・昼食代込み)
       一般: 3,000円(事前登録:11月13日まで)
       学生: 無料  (事前登録:11月13日まで)
       見学会のご案内はこちら

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧ください)
      (3)インフルエンザ対策
        インフルエンザ対策として会場内に消毒ジェルを準備します.
        体調管理に十分気を付け,必要に応じてマスク着用などの予防策を心がけてください.
      (4)11月23日の昼食について
        会場周辺の食堂が営業しているか不明です.昼食のご持参をおすすめします.


講演会プログラム

     11月23日(月)
        一般講演     第1会場  (会議室2-4A,1F)     10:00〜16:00
        一般講演     第2会場  (会議室2-4B,1F)     10:00〜16:00
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場  (回廊,1F)        16:10〜17:40

     11月24日(火)
        一般講演     第1会場  (会議室2-4A,1F)     10:00〜15:20
        一般講演     第2会場  (会議室2-4B,1F)     10:00〜15:20
        特別講演     (カンファレンスホール,2F)     15:40〜17:40
               座長:太田陽一(物理探査学会副会長 石油資源開発)
               (1)「海溝型巨大地震研究における海底地殻変動観測の重要性と展望」
                   田所敬一(名古屋大学大学院 地震火山・防災研究センター 准教授) 
               (2)「何が過去100年の地球気温を支配したか?〜NASA/GISS世界気温DBの解析」
                   小川克郎(名古屋産業大学環境マネジメント研究科長)    
        交流会   (グリーンサロン東山 レストラン花の木)  18:00〜20:00

      11月25日(水)
        一般講演     第1会場  (会議室2-4A,1F)     9:30〜11:30
        一般講演     第2会場  (会議室2-4B,1F)     9:30〜11:30
        見学会      東濃地科学センター瑞浪超深地層研究所 11:50〜夕方
                 ※講演終了後,参加者が集まり次第出発します.

     機器展示会
        11月23日     展示会場  (会議室1B,1F)      10:00〜17:40
        11月24日     展示会場  (会議室1B,1F)      10:00〜17:40
        11月25日     展示会場  (会議室1B,1F)      9:30〜11:00



2009年10月13日公開
2009年10月29日展示社追加
2009年11月06日展示社修正
2009年11月09日会場案内更新

11月23日 第1会場

セッション [地震]
座長 稲崎 富士 (土木研究所)
 
11月23日 10:00〜10:20 1) 鉛直アレー観測記録による地盤減衰同定に関する一考 [講演要旨]

○小林 源裕・儘田 豊・堤 英明(独立行政法人原子力安全基盤機構)
11月23日 10:20〜10:40 2) コーダ波H/Vスペクトルの逆解析によるS波速度構造推定の適用性検討(その2) [講演要旨]

○小林 源裕・儘田 豊(独立行政法人原子力安全基盤機構)
11月23日 10:40〜11:00 3) 地震記録と微動探査データを用いた鬼首地域のS波速度構造モデルの推定 [講演要旨]

○鈴木 晴彦(応用地質,東京工大),山中 浩明・元木 健太郎(東京工大),福元 俊一・江藤 公信(東京ソイルリサーチ)
11月23日 11:00〜11:20 4) 警固断層の極浅層反射法調査那珂川測線の再処理 [講演要旨]

○加野 直巳(産総研)
11月23日 11:20〜11:40 5) 越後平野沿岸陸域の浅部地下構造調査 [講演要旨]

○山口 和雄・住田 達哉・加野 直巳・大滝 壽樹・伊藤 忍・横田 俊之・横倉 隆伸(産総研)
11月23日 11:40〜12:00 6) 地震波干渉法による南関東の表面波群速度の抽出 [講演要旨]

○地元 孝輔・山中 浩明(東工大・院・総合理工),諸井 孝文・池浦 友則(鹿島),纐纈 一起・坂上 実(東大・地震研),中井 正一・関口 徹(千葉大),小田 義也(首都大学東京)
11月23日 12:00〜12:20 7) インドネシア・バンドン盆地での微動探査によるS波速度構造の推定 [講演要旨]

○山中 浩明・地元 孝輔(東工大総合理工),アフニマル アフニマル・センガラ アイワヤン・サディスン イマン(バンドン工科大学),坂上 実・纐纈 一起・三宅 弘恵(東大地震研)


セッション [火山・構造物]
座長 馬塲 久紀 (東海大学)
 
11月23日 13:40〜14:00 8) 微小セラミック球による散乱が輻射熱抑制効果に与える影響 [講演要旨]

○大川 恵理・三ケ田 均・後藤 忠徳・武川 順一(京大・院・工学研),尾西 恭亮(秋田大),谷口 清(日特建設(株))
11月23日 14:00〜14:20 9) MT法による恐山火山深部の比抵抗構造調査 [講演要旨]

岡崎 靖司・水上 啓司(リサイクル燃料貯蔵),○佐藤 龍也・大澤 健二・志賀 貴宏(地熱技術開発),小林  淳(ダイヤコンサルタント)
11月23日 14:20〜14:40 10) 恐山火山周辺地域における重力構造解析 [講演要旨]

志村 聡・上田 達也(RFS),○野崎 京三・東 宏幸・岩本 健(応用地質)
11月23日 14:40〜15:00 11) 不等沈下した住宅の振動特性と耐震改修の効果 [講演要旨]

○毎熊 輝記(日本レトロフィット(株)),高屋 正((株)日本地下探査),高島 博之(日本レトロフイット(株)),小林 直太・吉田 壽壽(日本レトロフィット(株)),小口 悦央(日本耐震防災事業団)
11月23日 15:00〜15:20 12) レーザードップラー振動計による遠隔非接触岩盤振動計測の基礎実験 [講演要旨]

○斎藤 秀樹・大塚 康範(応用地質),上半 文昭・小島 謙一・村田 修(鉄道総研),馬 貴臣・沢田 和秀・八嶋 厚(岐阜大),深田 隆弘(JR西日本)
11月23日 15:20〜15:40 13) 家屋の振動特性測定用標準加振源の開発 [講演要旨]

○太田 賢治(応用地震計測(株)),国松 直(独)産業技術総合研究所),北村 泰寿((財)建設工学研究所),平尾 善裕(小林理研)
11月23日 15:40〜16:00 14) S波トモグラフィ計測システムの開発 [講演要旨]

○小島 正和・高屋 正・山口 伸治・池延 勉(株式会社日本地下探査)



11月23日 第2会場

セッション [資源]
座長 横田 俊之 (産総研)
 
11月23日 10:00〜10:20 33) 走時トモグラフィにおける偏導関数行列の計算の高精度・高速化 [講演要旨]

○干野 真(応用地質)
11月23日 10:20〜10:40 34) QVO法によるメタンハイドレート賦存層の減衰値の算出 [講演要旨]

○李 光鎬・松島 潤(東大・院・工学研)
11月23日 10:40〜11:00 35) 南海トラフ音波検層波形データに含まれる震源カップリング及び散乱効果による減衰量の算出 [講演要旨]

○鈴木 博之・松島 潤(東大・院・工学研)
11月23日 11:00〜11:20 36) 多孔質媒体内で生成される固液共存系における超音波波動伝播実験 -データ解析- [講演要旨]

○松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一(東大・院・工学研)
11月23日 11:20〜11:40 37) 多孔質媒体内で生成される固液共存系における超音波波動伝播実験 -データ取得- [講演要旨]

○鈴木 誠・松島 潤・加藤 俶史・六川 修一(東京大学大学院工学系研究科)
11月23日 11:40〜12:00 38) メタンハイドレートを含有する砂試料の弾性波速度および比抵抗特性 [講演要旨]

○斎藤 秀樹・中山 栄樹・小西 千里・横山 幸也(応用地質)
11月23日 12:00〜12:20 39) 海底熱水鉱床における新たな海底電磁探査手法の試案 [講演要旨]

○後藤 忠徳(京都大学大学院),多田 訓子(海洋研究開発機構),三ケ田 均・武川 順一(京都大学大学院)


セッション [土木2]
座長 今里 武彦(日本地下探査)
 
11月23日 13:40〜14:00 40) GPUを用いた微小地震マルチプレットの高速抽出 [講演要旨]

○服部 正己・水野 高志(シュルンベルジェ),塩澤 元(青山学院大学大学院)
11月23日 14:00〜14:20 41) 時間領域IP法におけるコール・コールパラメータの推定 [講演要旨]

○石永 清隆・水永 秀樹(九州大学)
11月23日 14:20〜14:40 42) 電磁探査の3次元モデリング [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭(九州大学)
11月23日 14:40〜15:00 43) 海洋MT法の感度に関する研究 [講演要旨]

○村田 啓・佐々木 裕・水永 秀樹(九州大学)
11月23日 15:00〜15:20 44) 人工電流を用いた海底下浅部比抵抗の連続モニタリング [講演要旨]

○藤谷 淳司・後藤 忠徳・武川 順一・三ケ田 均(京大大工),笠谷 貴史・木下 正高・荒木 英一郎・横引 貴史・浅川 賢一(海洋研究開発機構)
11月23日 15:20〜15:40 45) coda-Qと弾性体に働く応力との関係〜統計量から導く状態量〜 [講演要旨]

○岡本 京祐・三ケ田 均・後藤 忠徳・武川 順一(京都大学)
11月23日 15:40〜16:00 46) 震源形状の地震波へ与える影響に関する研究 [講演要旨]

○田中 暁・三ケ田 均・後藤 忠徳・武川 順一(京都大学),尾西 恭亮(秋田大学),笠原 順三・黒田 徹(JGI)



11月23日 第3会場

セッション [ポスターA]
座長 林 勉 (地科研)
 
11月23日 16:10〜17:40 P-1) 花崗岩を対象とした立坑掘削振動を利用した地震波干渉法の適用について [講演要旨]

○程塚 保行・松岡 稔幸・徳安 真吾(原子力機構)
11月23日 16:10〜17:40 P-3) 次世代型サイト特性調査情報統合システムの開発-国内外の沿岸域における物理探査・ボーリング孔での検層技術を対象としたノウハウ・判断根拠等の分析・整理- [講演要旨]

○松岡 稔幸・宮本 哲雄・藪内 聡・浅森 浩一・山中 義彰・仙波 毅(原子力機構)
11月23日 16:10〜17:40 P-4) 弾性波探査による樹根分布推定の試み [講演要旨]

○稲崎 富士(土木研究所つくば中央研究所),飯塚 康雄(国総研),今里 武彦(日本地下探査),永石 憲道(東邦レオ)
11月23日 16:10〜17:40 P-6) 地震波による能動的モニタリングのための直線加振機の実験 [講演要旨]

○山岡 耕春・渡辺 俊樹(名大・院・環境・地震火山センタ),生田 領野(静岡大学・理・地球)
11月23日 16:10〜17:40 P-7) 鳳来アレイ観測による土岐、豊橋、森町に設置された弾性波ACROSS信号の解析 [講演要旨]

○山崎 賢志・渡辺 俊樹・山岡 耕春(名古屋大学大学院環境学研究科),羽佐田 葉子(大和探査技術(株)),中道 治久(名古屋大学大学院環境学研究科)
11月23日 16:10〜17:40 P-9) 月の地下エコー検出のためのLRSデータ解析方法の検討 [講演要旨]

○渡辺 志穂・渡辺 俊樹・押上 祥子・山口 靖(名古屋大学大学院環境学研究科),山路 敦(京都大学大学院理学研究科),小野 高幸・熊本 篤志・中川 広務(東北大学大学院理学研究科),小林 敬生(韓国地質資源研究院)
11月23日 16:10〜17:40 P-10) 弾性波アクロスを用いた土岐-鳳来間の地震波伝達関数の波群の時間変化 [講演要旨]

○渡辺 俊樹・山岡 耕春・山崎 賢志(名古屋大学大学院環境学研究科),古川 俊之((株)日立システムバリュー),羽佐田 葉子(大和探査技術(株))


セッション [ポスターB]
座長 山口 和雄 (産総研)
 
11月23日 16:10〜17:40 P-11) 千葉県における常時微動観測による地震動のスペクトル増幅率の推定 [講演要旨]

○先名 重樹(防災科研),神 薫・宮本 賢治・佐藤 仙一・須崎 敦史(応用地質),森川 信之・工藤 暢章・高野 征宣・藤原 広行(防災科研)
11月23日 16:10〜17:40 P-12) 強震観測データを用いて推定した逗子地域の地下構造 [講演要旨]

○小田 義也・赤羽 佑樹(首都大)
11月23日 16:10〜17:40 P-14) KiK-net一関西(IWTH25)周辺における表層地盤特性の解明 [講演要旨]

○山田 雅行・竹澤 請一郎・中村 真・羽田 浩二((株)ニュージェック),山田 真澄(京大次世代),大見 士郎(京大防災研),長尾 毅(国総研)
11月23日 16:10〜17:40 P-15) 四国西部宇和海における海上音波探査 [講演要旨]

○西坂 直樹・石川 慶彦・大野 裕記(四国電力),池田 倫治(四国総研),菅原 大介(四電技術コンサルタント),長谷川 正・古川 勇也(総合地質調査)
11月23日 16:10〜17:40 P-16) 高密度重力探査による福岡市北東部の地下構造の推定 [講演要旨]

○福井 裕貴・西島 潤・藤光 康宏(九大院・工)
11月23日 16:10〜17:40 P-18) Envisat/ASARデータを用いた長期地盤変動計測例 [講演要旨]

○中村 貴子・六川 修一・松島 潤(東京大学)
11月23日 16:10〜17:40 P-19) 放送波を用いた地下電気伝導度測定装置の開発 [講演要旨]

○半田 駿(佐賀大学 農学部),吉田 雄司(九州計測器株式会社),板井 秀典(ジェオクロノロジージャパン)


セッション [ポスターC]
座長 林 叔民 (物理計測コンサルタント)
 
11月23日 16:10〜17:40 P-20) 箱根大涌谷噴気域における電気探査と弾性波探査 [講演要旨]

棚田 俊收(神奈川温地研),森 沙都未・○馬塲 久紀(東海大海洋)
11月23日 16:10〜17:40 P-21) 油汚染フィールドおける三次元地中レーダ探査 [講演要旨]

○横田 俊之・神宮司 元治・中島 善人・上田 匠・光畑 裕司・内田 利弘・駒井 武(産業技術総合研究所)
11月23日 16:10〜17:40 P-22) 海底下浅部鉱床把握のための新しい電磁探査法の開発 [講演要旨]

○笠谷 貴史・吉田 弘(海洋研究開発機構)
11月23日 16:10〜17:40 P-23) 東部南海トラフにおけるチャネルタイプメタンハイドレート濃集帯内部構造の推定 [講演要旨]

○下田 直之・佐伯 龍男(JOGMEC),稲盛 隆穂(地科研),野口 聡・小林 稔明・藤井 哲哉・及川 信孝(JOGMEC)
11月23日 16:10〜17:40 P-24) グローバルオイルスリックマップ作成支援システムの研究開発 [講演要旨]

○下野 祐典・飯室 弘・高市 和義・那須野 功(CTC),西代 孝・岡田 欣也(地科研),加藤 雅胤・並川 貴俊(ERSDAC)
11月23日 16:10〜17:40 P-25) 土質地盤における細粒分含有率と透水係数の関係についての考察 [講演要旨]

○小西 千里(応用地質),稲崎 富士(土木研究所)



11月24日 第1会場

セッション [地中レーダ]
座長 吉村 公孝 (原環センター)
 
11月24日 10:00〜10:20 15) LF波を用いた浅部埋設物探査法の基礎検討 [講演要旨]

○吉田 弘・笠谷 貴史(海洋研究開発機構)
11月24日 10:20〜10:40 16) 同軸給電したダイポールアレーアンテナ型指向性ボアホールレーダを用いたフィールド実験 [講演要旨]

○河合 秀昭(大阪電通大・院),海老原 聡(大阪電通大)
11月24日 10:40〜11:00 17) 地中レーダを用いた導水路トンネル覆工コンクリートの健全度評価(その1)-散乱波形を用いた評価手法について [講演要旨]

○山下 善弘(応用地質株式会社),小澤 啓明(東京電力株式会社),岡本 修一(大成建設株式会社),前川 聡(応用地質株式会社)
11月24日 11:00〜11:20 18) 地中レーダを用いた導水路トンネル覆工コンクリートの健全度評価(その2)-覆工圧縮強度との比較検討について [講演要旨]

○前川 聡(応用地質株式会社),小澤 啓明(東京電力株式会社),岡本 修一(大成建設株式会社),山下 善弘(応用地質株式会社)
11月24日 11:20〜11:40 19) 数値計算を用いた広帯域アンテナ設計と地中レーダへの応用 [講演要旨]

○安井 佑介・三ケ田 均・後藤 忠徳・武川 順一(京大・院・工学研),尾西 恭亮(秋田大・工資),小西 尚俊(大日本コンサルタント)
11月24日 11:40〜12:00 20) ALISによるカンボジアでの地雷検知評価試験 [講演要旨]

○佐藤 源之・渡辺 学(東北大学)
11月24日 12:00〜12:20 21) 岩手・宮城内陸地震被災者のD-GPS装備金属探知機による捜索 [講演要旨]

○佐藤 源之・アントワン パリソド・渡辺 学(東北大学)


セッション [放射性廃棄物]
座長 水永 秀樹 (九州大)
 
11月24日 13:40〜14:00 22) 幌延地域の沿岸域電磁法調査(その1)-調査の概要 [講演要旨]

○吉村 公孝・岡崎 幸司(原環センター),大里 和己・大澤 健二・山岡 昌信・中嶋 智(地熱技術開発(株)),茂田 直孝・藪内 聡・山中 義彰(原子力機構)
11月24日 14:00〜14:20 23) 幌延地域の沿岸域電磁法調査(その2)-調査結果とその解釈 [講演要旨]

○大里 和己・山岡 昌信・中嶋 智(地熱技術開発),吉村 公孝・岡崎 幸司(原環センター),茂田 直孝・薮内 聡・山中 義彰(原子力機構)
11月24日 14:20〜14:40 24) 幌延地域の沿岸域電磁法調査(その3)-岩石物理学的解釈手法の検討- [講演要旨]

○坂下 晋(応用地質株式会社),吉村 公孝・岡崎 幸司(原環センター),小西 千里(応用地質株式会社),茂田 直孝・藪内 聡・山中 義彰(日本原子力研究開発機構)
11月24日 14:40〜15:00 25) 二粒子モデルを用いた弾性波速度と電気伝導度の組合せ解釈 [講演要旨]

○安藤 誠(産総研),東 宏幸(応用地質),内田 利弘(産総研)
11月24日 15:00〜15:20 26) 深度140mの坑道掘削前後における比抵抗トモグラフィ及び音響トモグラフィの繰り返し測定 [講演要旨]

○窪田 健二・鈴木 浩一(電中研),杉田 裕(原子力機構),榊原 淳一(JFEシビル)



11月24日 第2会場

セッション [土木]
座長 相澤 隆生 (サンコーコンサルタント)
 
11月24日 10:00〜10:20 47) ボーリングコアの帯磁率計測によるトンネル切羽に出現する硬質岩検出の試み [講演要旨]

○岡崎 健治・宍戸 政仁・井上 豊基・高橋 幸継・伊東 佳彦((独)土木研究所寒地土木研究所),桜井 司(国土交通省北海道開発局)
11月24日 10:20〜10:40 48) 茨城県常総市におけるSPAC法とCCA法の野外比較実験 [講演要旨]

○横井 俊明((独)建築研),林 宏一(応用地質(株))
11月24日 10:40〜11:00 49) 不飽和土の比抵抗とS波速度のクロスプロットの解釈について [講演要旨]

○小西 千里・林 宏一・畠山 正則・川原 孝洋・亀谷 裕志(応用地質株式会社)
11月24日 11:00〜11:20 50) ロックフィジックスをベースにした浅層物理探査データの解釈技術に関する研究(その3)-土質地盤への岩石モデルの適用性に関する検討- [講演要旨]

○高橋 亨(財団法人深田地質研究所)
11月24日 11:20〜11:40 51) 土木地質調査における屈折法地震探査の現状と課題 [講演要旨]

○林 宏一・斎藤 秀樹(応用地質)
11月24日 11:40〜12:00 52) 河川堤防の統合物理探査手法の適用性検討 その8 -探査結果のデータベース化の検討- [講演要旨]

○林 宏一(応用地質),稲崎 富士(土木研究所),河川堤防の統合物理探査適用検討委員会 物理探査学会(物理探査学会)
11月24日 12:00〜12:20 53) JJY標準電波を用いた浅層電磁探査に関する研究 [講演要旨]

○山崎 鍾史・武川 順一・後藤 忠徳・三ケ田 均(京都大学),尾西 恭亮(秋田大学),小西 尚俊(大日本コンサルタント株式会社)


セッション [反射法]
座長 林 宏一 (応用地質)
 
11月24日 13:40〜14:00 54) 反射法地震探査におけるτ-P変換を用いた入射角決定による フレネルボリュームマイグレーション適用性の研究 [講演要旨]

○川林 徹也・武川 順一・後藤 忠徳・三ヶ田 均(京大・院・工学研),尾西 恭亮(秋田大学)
11月24日 14:00〜14:20 55) MEMSシングルセンサを用いた反射法地震探査 [講演要旨]

○相澤 隆生・伊東 俊一(サンコーコンサルタント),松岡 俊文(京都大学),国見 敬(曙ブレーキ工業),佐伯 龍男(石油天然ガス・鉱物資源機構)
11月24日 14:20〜14:40 56) 次世代探鉱機のためのMEMS素子の開発 [講演要旨]

国見 敬(曙ブレーキ),○相澤 隆生(サンコーコンサルタント),松岡 俊文(京都大学)
11月24日 14:40〜15:00 57) 層状ケイ酸塩鉱物を含む岩石の横等方的異方性の一般的性質とその意義 [講演要旨]

○西澤 修(産総研),金川 久一(千葉大学大学院理学研究科)
11月24日 15:00〜15:20 58) 反射法地震探査を用いた海洋微細構造の高密度イメージング [講演要旨]

○山下 幹也・横田 華奈子・三浦 誠一・小平 秀一・深尾 良夫(海洋研究開発機構)



11月25日 第1会場

セッション [坑井内測定・地下水]
座長 小西 千里 (応用地質)
 
11月25日 9:30〜9:50 27) 地層流体中のガスによる音波速度上昇メカニズムの研究 [講演要旨]

○坂野 貴仁・三ケ田 均・後藤 忠徳・武川 順一(京都大学),尾西 恭亮(秋田大学),佐伯 龍男(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
11月25日 9:50〜10:10 28) 超音波式ボアホール・スキャナー [講演要旨]

○川上 哲(中央開発),福井 謙三(基礎地盤コンサルタンツ),安富 宏和(日本物探),佐藤 伸哉(レアックス)
11月25日 10:10〜10:30 29) 孔壁映像処理に関する研究:HSV色モデルとHough変換を用いた亀裂自動解析 [講演要旨]

○馮 少孔(中央開発(株)),李 宏階・羅 先啓・王 徳咏(上海交通大学)
11月25日 10:30〜10:50 30) シングルホールボアホールレーダにおけるゾンデの偏心が直接波へ与える影響 [講演要旨]

○海老原 聡・竹本  太郎・笹倉  彰人(大阪電通大)
11月25日 10:50〜11:10 31) 静岡三保半島域における帯水層の検出 [講演要旨]

○馬塲 久紀(東海大海洋),石川 秀浩(三井金属資源開発)
11月25日 11:10〜11:30 32) TDEMによる多良間島における淡水レンズ調査 [講演要旨]

○中里 裕臣・石田 聡・土原 健雄・吉本 周平・皆川 裕樹(農研機構)



11月25日 第2会場

セッション [モニタリング・μ粒子]
座長 大里 和己 (地熱技術開発)
 
11月25日 9:30〜9:50 59) ローム層における塩水トレーサの比抵抗モニタリング [講演要旨]

○井上 敬資・中里 裕臣・久保田 富次郎(農研機構),古江 広治(鹿児島県農業開発総合センター),竹内 睦雄(ジオ・ヴェスト)
11月25日 9:50〜10:10 60) 繰返し比抵抗3次元探査による斜面地盤の物性値評価 [講演要旨]

○畠中 与一((株)日本地下探査),山本 剛(国土交通省近畿地方整備局),楠見 晴重(関西大学),今里 武彦・安藤 大((株)日本地下探査)
11月25日 10:10〜10:30 61) 比抵抗法を用いたマリンホースの油漏洩探知システム [講演要旨]

○田中 俊昭・水永 秀樹(九州大学),黒田 益夫・坂口 達(横浜ゴム)
11月25日 10:30〜10:50 62) InSAR時系列解析による長期地盤変動計測の結果とGPS、水準測量の関係について [講演要旨]

○六川 修一・中村 貴子・松島 潤(東京大学)
11月25日 10:50〜11:10 63) 宇宙線ミュー粒子を利用した地盤探査システム開発のための理論的検討 [講演要旨]

○大沼 寛・鈴木 敬一(川崎地質),湊 進(放射線地学研究所),久保田 隆二(川崎地質),東谷 謙(エンジニアリング振興協会)
11月25日 11:10〜11:30 64) 宇宙線ミュー粒子を利用した地盤探査システム開発のための試作機製作と基礎実験 [講演要旨]

○鈴木 敬一(川崎地質),湊 進(放射線地学研究所),大沼 寛・久保田 隆二(川崎地質),東谷 謙(エンジニアリング振興協会)



< 閉じる >