印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第130回(平成26年度春季)学術講演会


公益社団法人 物理探査学会
第130回(平成26年度春季)学術講演会


            会期  平成26年5月28日(水),29日(木),30日(金)
            会場  早稲田大学 国際会議場(早稲田キャンパス)
                  東京都新宿区早稲田1-20-14 事務室電話:03-5286-1755 会場案内はこちら

    5月28日(水)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:20〜17:00
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:20〜17:00
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場  (第3会議室(1),3F)    17:00〜18:30

    5月29日(木)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:20〜12:00
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:20〜12:00
        総会            (井深記念ホール,1F)  13:00〜14:50
        特別講演          (井深記念ホール,1F)  15:10〜17:10
               座長:斎藤秀樹(応用地質)
               (1)「環境浄化・資源循環プロセスを効率化するためのミネラルプロセッシング」
                   所 千晴(早稲田大学) 
               (2)「深海における光計測技術」
                   ソーントン・ブレア(東京大学生産技術研究所) 
        交流会       (大隅会館 1F 楠亭(なんてい))  17:30〜19:30
                       例年と場所が異なりますご注意下さい

    5月30日(金)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:20〜14:40
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:20〜14:40

    機器展示
        5月28日(水)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:20〜18:30
        5月29日(木)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:20〜13:30
        5月30日(金)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:20〜14:00

    展示社(50音順)
        伊藤忠テクノソリューションズ株式会社, 応用地質株式会社
        株式会社ジオファイブ, 株式会社テラ, 白山工業株式会社
        株式会社パスコ, 三井金属資源開発株式会社/Geosoft

    参加申込(講演会・交流会) 事前登録は5月16日まで
      会員:会員の方は会員ページ(こちら)
         ログインし会員サービス→オンライン参加登録システムでお申込み下さい
      非会員:非会員(一般)の方はこちら非会員(学生)の方はこちら

      講演会参加費(学会財政健全化に向けた方針の一環として,参加費が従来より高くなりました)
       一般:5,000円(事前登録),6,000円(会場登録)
       学生:2,000円(事前登録),3,000円(会場登録)
       事前登録:CD版講演論文集を会場で配付(冊子版は希望者に無料配付)
       会場登録:同上(冊子版は希望者に有料頒布)
       (特別講演は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:5,000円(事前登録),6,000円(会場登録)
       学生:2,000円(事前登録),3,000円(会場登録)
      会場登録の注意事項
       早稲田大学会場での現金授受は認められなくなりました.会場登録の会費支払い
       等は会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は会場受
       付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (3)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2014年4月23日 公開
2014年4月24日 展示企業追加
2014年4月30日 講演63,P-8追加
2014年5月09日 発表者注意事項修正
2014年5月26日 講演63キャンセル


会場案内

5月28日 第1会場

セッション [防災1]
座長 山中 浩明(東工大総合理工)
 
5月28日 10:20〜10:40 1) 微動観測による岩手県陸前高田市の地盤のS波速度構造の推定 [講演要旨]

○山本 英和・朝田 航・齊藤 剛(岩手大・工)
5月28日 10:40〜11:00 2) 高知市高須地区における微動アレー観測(その2) [講演要旨]

○大堀 道広(福井大原子力研),チタク セチキン(海洋研究開発機構),久保 篤規・大石 佑輔・高橋 宏和・山品 匡史(高知大理学部)
5月28日 11:00〜11:20 3) レーザドップラー振動計による不安定岩塊模型の振動計測実験 [講演要旨]

○斎藤 秀樹(応用地質),上半 文昭・箕浦 慎太郎(鉄道総研)
5月28日 11:20〜11:40 4) 極小微動アレー探査による岩手県一関市の地盤のS波速度構造の推定 [講演要旨]

宇部 陽子(岩手大学大学院),山本 英和・齊藤 剛(岩手大・工),○藤根 友博(岩手大学大学院)
5月28日 11:40〜12:00 5) 地域住民の地盤に対する関心に応える物理探査−微動観測の活用− [講演要旨]

○長谷川 信介(応用地質),藤原 広行・先名 重樹(NIED)


セッション [防災2]
座長 横田 俊之(産総研)
 
5月28日 13:00〜13:20 6) 地震波干渉法による2007年中越沖地震の余震観測記録の解析 [講演要旨]

○山中 浩明・地元 孝輔・土屋 智洋(東工大総合理工)
5月28日 13:20〜13:40 7) 地表でのP波とS波の関係に地下速度構造が及ぼす影響評価 [講演要旨]

○宮腰 寛之・津野 靖士(鉄道総研)
5月28日 13:40〜14:00 8) 立川断層帯周辺における実微動アレイデータを通じたSPAC法とCCA法による位相速度推定の比較検討 [講演要旨]

○地元 孝輔・佐口 浩一郎・山中 浩明(東工大)
5月28日 14:00〜14:20 9) 立川断層帯周辺の3次元深部地盤構造が長周期地震動特性に与える影響 [講演要旨]

○佐口 浩一郎・地元 孝輔・山中 浩明(東工大)
5月28日 14:20〜14:40 10) 2008(平成20)年岩手・宮城内陸地震(M7.2)に伴う荒砥沢ダム周辺地滑り地帯における地震探査の試み(第2報) [講演要旨]

松波 孝治(元京都大学 防災研),○井川 猛・岡本 茂・山田 浩二(阪神 コンサル),郷 隆之(元ジオシス、現JX日鉱日石開発),越谷 信(岩手大,工),籾倉 克幹(基礎地盤)
5月28日 14:40〜15:00 11) Ground response analysis of the two-dimensional shallow soil at the vicinity of the previous K-NET Tsukidate strong motion station MYG004 in Miyagi prefecture, Japan. [講演要旨]

○Amrouche Mohamed・Yamanaka Hiroaki・Chimoto Kosuke(東工大),Dhakal Yadab. P.(NIED)


セッション [防災3]
座長 大堀 道広(福井大原子力研)
 
5月28日 15:20〜15:40 12) 常時微動を用いた浅部構造探査の高度化について [講演要旨]

○先名 重樹(防災科研),長 郁夫(産総研),藤原 広行(防災科研)
5月28日 15:40〜16:00 13) 静岡県富士川河口域における反射法地震探査 [講演要旨]

○横田 俊之(産総研),川崎 慎治・田中 康久・野田 克也(地科研)
5月28日 16:00〜16:20 14) 広角反射法データの波形インバージョンとその断層構造調査への適用 [講演要旨]

○渡辺 俊樹・小林 雅実・山岡 耕春(名古屋大),伊藤 谷生(帝京平成大),狩野 謙一(静岡大),阿部 進(地科研)
5月28日 16:20〜16:40 15) プレート構造イメージングの高精度化に向けた反射法地震探査技術の進展と課題 [講演要旨]

○阿部 進(地科研),佐藤 比呂志・石山 達也・岩崎 貴哉・平田 直(東大地震研),川中 卓(地科研)
5月28日 16:40〜17:00 16) 重力異常データならびに反射法探査、屈折法探査にもとづく速度構造モデルを用いたプレート上面形状推定 [講演要旨]

○東中 基倫・藤原 明・阿部 進(地科研),伊藤 谷生(帝京平成大学),狩野 謙一(静岡大学),津村 紀子(千葉大学),阿部 信太郎(産総研)



5月28日 第2会場

セッション [構造物・地下水1]
座長 幕内 歩(原子力機構)
 
5月28日 10:20〜10:40 32) 非破壊検査のための非接触音響探査法に関する研究    -探査可能な欠陥の深さと大きさについての検討- [講演要旨]

○杉本 恒美・赤松 亮(桐蔭横浜大学院),歌川 紀之(佐藤工業),片倉 景義(明篤技研)
5月28日 10:40〜11:00 33) 地中レーダによる樋門・樋管周り等の空洞化検知基礎研究 [講演要旨]

○佐藤 源之(東北大学)
5月28日 11:00〜11:20 34) Look-Up Acoustic Debris-Imaging - Acoustic Probing of Fuel Debris buried in the mat concrete from Underground - [講演要旨]

○土家 輝光(日本地下探査),榊原 淳一(JFEシビル),Barnes Christophe(GIM-labs)
5月28日 11:20〜11:40 35) 電磁波を用いた建造物非破壊センシング技術の研究開発 (25年度成果) [講演要旨]

○佐藤 源之・高橋 一徳・クリスチャン コヤマ(東北大学)
5月28日 11:40〜12:00 36) 仙台平野南部太平洋沿岸地域における電気・電磁探査法調査 [講演要旨]

○上田 匠・大熊 茂雄・神宮司 元治・井川 怜欧・光畑 裕司・内田 利弘・丸井 敦尚(産業技術総合研究所),石川 秀浩(三井金属資源開発株式会社)


セッション [地下水2]
座長 水永 秀樹(九州大学)
 
5月28日 13:00〜13:20 37) 大型降雨実験装置を用いた盛土斜面内での比抵抗モニタリング実験:降雨強度が含水率と比抵抗に及ぼす影響 [講演要旨]

○高倉 伸一・吉岡 真弓(産総研),石澤 友浩・酒井 直樹(防災科研)


セッション [構造物・地下水1]
座長 幕内 歩(原子力機構)
 


セッション [地下水2]
座長 水永 秀樹(九州大学)
 
5月28日 13:20〜13:40 38) 徳佐−地福断層におけるCSAMT法による地質・地下水分布に関する調査 [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中研),西山 成哲・田中 和広(山口大学)
5月28日 13:40〜14:00 39) 西条市沿岸域沖積平野でのCSAMT法による地下水塩分調査(その2) [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中研),越智 亮太・田中 和広(山口大学),徳増 実(西条市),窪田 健二(電力中研),城森 明(ネオサイエンス)
5月28日 14:00〜14:20 40) 塩水トレーサ試験における比抵抗モニタリング事例 [講演要旨]

○中里 裕臣・井上 敬資(農研機構),橋本 雄一・本間 善博(山形県),嵐田 豊彦・渡辺 幸治(新和設計)
5月28日 14:20〜14:40 41) 玄武岩質離島でのCSAMT法による地質・地下水分布に関する調査 [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中研),草野 由貴子・徳永 朋祥(東京大学)
5月28日 14:40〜15:00 42) Regional investigation of reservoir water at Kharga Oasis-Egypt, using three dimensional magnetotelluric modeling [講演要旨]

○Mahmoud Mekkawi(NRIAG, Egypt),Ogawa Y.・Amatykul P.(東工大),Arafa-Hamed T.・Atya M.・Ragab E.(NRIAG, Egypt)


セッション [地熱]
座長 井上 敬資(農研機構)
 
5月28日 15:20〜15:40 43) 熱膨張源による地盤変動と重力変化(モデルの一般化) [講演要旨]

○狐崎 長琅
5月28日 15:40〜16:00 44) 六面体要素を用いた重力偏差の3次元モデリング [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
5月28日 16:00〜16:20 45) リモート点のノイズがMT法調査に与える影響と対策 (1)数値モデルによる評価 [講演要旨]

○根木 健之・岸本 宗丸(日鉄鉱コンサルタント)
5月28日 16:20〜16:40 46) リモート点のノイズがMT法調査に与える影響と対策 (2)実データによる検証 [講演要旨]

○濱 友紀(日鉄鉱コンサルタント(株)),幕内  歩(原子力機構),根木 健之(日鉄鉱コンサルタント(株)),浅森 浩一(原子力機構)
5月28日 16:40〜17:00 47) A Pilot Magnetotelluric survey for Geothermal Exploration in Northern Thailand [講演要旨]

○Puwis Amatyakul・Rung-Arunwan Tawat(Mahidol大学),Ogawa Yasuo(東工大),Siripunvaraporn Weerachai(Mahidol大学)



5月28日 第3会場

セッション [ポスター]
座長 佐々井 志穂(国際石油開発帝石)
 
5月28日 17:00〜18:30 P-1) 微動アレイ探査による足柄平野のS波速度構造の推定 [講演要旨]

○地元 孝輔(東工大),津野 靖士(鉄道総研),佐口 浩一郎・山中 浩明(東工大)
5月28日 17:00〜18:30 P-2) 開削部詳細調査に基づく堤体材料特性と物理探査測定データの関連性について [講演要旨]

○稲崎 富士(土木研究所)
5月28日 17:00〜18:30 P-3) 起伏を有する表層地盤での屈折法地震探査データの波形逆解析 その2 [講演要旨]

○野上 俊介(住鉱資源開発),山中 浩明(東工大)
5月28日 17:00〜18:30 P-4) MT法時系列データからの直流電車ノイズ除去の試み(その2) [講演要旨]

○幕内 歩・浅森 浩一(原子力機構),根木 健之(日鉄鉱コンサルタント)
5月28日 17:00〜18:30 P-5) 整流特性を考慮した時間領域IP法の基礎実験 [講演要旨]

○田中 俊昭・奥澤 洸・水永 秀樹(九州大学)
5月28日 17:00〜18:30 P-6) 重力データによるいわき地域の3次元地下構造の解析 [講演要旨]

○村田 泰章(産総研)
5月28日 17:00〜18:30 P-7) 比抵抗法を用いた廃棄物埋立層内浸透水の挙動解明 [講演要旨]

○伊藤 貴宏・若林 恭子・小山 研也・横瀬 隆司(早稲田大学),大迫 政浩(国立環境研究所),原 雄(元千葉県環境生活部),香村 一夫(早稲田大学)
5月28日 17:00〜18:30 P-8) A CASE STUDY COAL BED METHANE, GAS CONTENT ANOMALY ANALYSIS OF BALIKPAPAN FORMATION, SANGATTA AREA, KUTEI BASIN [講演要旨]

○Budiana Rahmat・Casdira (Pertamina),Rahardjo Budi(バンドン工科大学)



5月29日 第1会場

セッション [土木2]
座長 今里 武彦(日本地下探査)
 
5月29日 10:20〜10:40 17) 不均質な岩石試料内の波動伝播−実験と数値シミュレーション− [講演要旨]

○吉光 奈奈・古村 孝志(東大・情報学環/地震研),前田 拓人(東大・地震研)
5月29日 10:40〜11:00 18) ハンマー加振の伝播経路特性を利用した列車振動予測手法の検討 [講演要旨]

○岩田 裕一・津野 靖士(鉄道総研防災技術研究部)
5月29日 11:00〜11:20 19) Bスプラインによる波形データの変動オフセット補正 [講演要旨]

○松林 弘智(ANET),宮腰 寛之(鉄道総研)
5月29日 11:20〜11:40 20) RTK-GPSを用いた吉野ヶ里遺跡周辺のGPR探査 [講演要旨]

○青池 邦夫・稲崎 富士((独)土木研究所)
5月29日 11:40〜12:00 21) 地層の充電率を用いた廃棄物埋立層内部性状の把握−メタルリッチゾーンに着目して− [講演要旨]

○若林 恭子・小山 研也・伊藤 貴宏・横瀬 隆司(早稲田大学理工学術院),田中 宏和(福井県衛生環境センター),竹内 睦雄((株)ジオ・ヴェスト),香村 一夫(早稲田大学理工学術院)



5月29日 第2会場

セッション [資源探査1]
座長 淺川 栄一(地科研)
 
5月29日 10:20〜10:40 48) ループループ法における負の見掛電気伝導度に対応した3次元フォワードモデリング [講演要旨]

○SELEPENG AME THATO・坂中 伸也・西谷 忠師(秋田大学)
5月29日 10:40〜11:00 49) 沖縄沖海底熱水鉱床における比抵抗構造(序報) [講演要旨]

○後藤 忠徳(京都大学・工),笠谷 貴史・町山 栄章(JAMSTEC)
5月29日 11:00〜11:20 50) 符号分割方式による多点同時通電電気探査での充電率の計算 [講演要旨]

○山下 善弘(応用地質),LEBERT FRANCOIS・GOURRY JEAN-CHRISTOPHE・BOURGEOIS BERNARD(BRGM),TEXIER BENOIT(IRIS)
5月29日 11:20〜11:40 51) InSARによるリザーバーマネージメントの可能性について [講演要旨]

○六川 修一・中村 貴子・宮地 大樹(東京大学)
5月29日 11:40〜12:00 52) 一次元フルウェーブトモグラフィによる減衰構造の推定の試み [講演要旨]

○干野 真(応用地質)



5月30日 第1会場

セッション [土木1]
座長 松林 弘智(ANET)
 
5月30日 10:20〜10:40 22) 被災堤防緊急対応のための3次元可視化ツール及び対策設計支援システムの開発(その3) −現場評価試験結果について− [講演要旨]

○高橋 亨(深田地質研究所),相澤 隆生・村田 和則・西尾 英貴(サンコーコンサルタント),松岡 俊文(京都大学)
5月30日 10:40〜11:00 23) ランドストリーマー表面波探査データのS波反射法処理 [講演要旨]

○稲崎 富士(土木研究所)
5月30日 11:00〜11:20 24) 多チャンネル表面波探査とリニアアレイ微動探査によるハイブリット型表面波探査の河川堤防調査への適用事例 [講演要旨]

○北 高穂(TK海陸),稲崎 富士(土木研究所),林 宏一(ジオメトリックス),鈴木 徹(モニー物探)
5月30日 11:20〜11:40 25) 統合物理探査調査研究委員会の立ち上げについて [講演要旨]

○三木 茂(基礎地盤コンサルタンツ(株)),統合物理探査 調査研究委員会(物理探査学会)
5月30日 11:40〜12:00 26) 小口径3次元指向性ボアホールレーダシステム [講演要旨]

○和田 一成・唐澤 信輔(松永ジオサーベイ),河田 健太郎・海老原 聡(大阪電通大)


セッション [土木2]
座長 和田 一成(松永ジオサーベイ)
 
5月30日 13:00〜13:20 27) 樋門・樋管コンクリートの非破壊検査技術の調査研究(1)−既存非破壊検査技術の文献調査− [講演要旨]

○斎藤 秀樹・三木 茂・鈴木 敬一・河野 寛・渡辺 文雄(物理探査学会河川堤防研究委員会)
5月30日 13:20〜13:40 28) 樋門・樋管コンクリートの非破壊検査技術の調査研究(2)−鉄筋コンクリート模型を用いた弾性波法の基礎実験− [講演要旨]

○斎藤 秀樹(物理探査学会河川堤防研究委員会),青池 邦夫・稲崎 富士(土木研究所)
5月30日 13:40〜14:00 29) 橋台設置工事部における堤防統合物理探査(その2) [講演要旨]

○稲崎 富士(土木研究所),坂西 敬一郎(モニー物探),今村 杉夫(地圏探査技術研究所),北 高穂(TK海陸調査事務所)
5月30日 14:00〜14:20 30) 物理探査のデータ取得と解析におけるAndroid端末の利用 [講演要旨]

○山下 善弘(応用地質),林 宏一(GEOMETRICS)
5月30日 14:20〜14:40 31) 千歳川堤防開削地点での物理探査 [講演要旨]

○茂木 透・重藤 迪子(北大・理),高井 伸雄(北大・工),岡崎 健治・倉橋 稔幸・大日向 昭彦(寒地土木研),堀田 淳(ジオテック),稲崎 富士(土木研究所)



5月30日 第2会場

セッション [資源探査2]
座長 松島 潤(東大・院・工学研)
 
5月30日 10:20〜10:40 53) 海底設置型音源とVCSシステムを用いた反射法地震探査による海底熱水鉱床のイメージング [講演要旨]

○浅野 泰寛(早大理工),徳山 英一(高知大),淺川 栄一(地科研),伊藤 譲(海洋工学研究所),村上 文俊・市川 大(地科研),芦 寿一郎・多良 賢二(東大大気海洋研),斎藤 章(早大理工)
5月30日 10:40〜11:00 54) 海底熱水鉱床探査のためのバーティカルケーブル方式反射法地震探査(VCS)の開発 [講演要旨]

○淺川 栄一・村上 文俊・塚原 均・溝畑 茂治((株)地球科学総合研究所)
5月30日 11:00〜11:20 55) 常設震源アクロスデータ観測時における受動的地震波データの取得 [講演要旨]

○高梨 将・加藤 文人(JOGMEC),笠原 順三(東京海洋大学),羽佐田 葉子(大和探査)
5月30日 11:20〜11:40 56) Time Lapseにおける著しい表層の影響の観測結果と考察 [講演要旨]

○笠原 順三・久保田 隆二・金井 豊・田澤 教・藤本 理・西山 英一郎(川崎地質(株)),上村 彩(川崎地Kawasaki質(株)),村瀬 敬(川崎地質(株)),羽佐田 葉子(大和探査(株))
5月30日 11:40〜12:00 57) A time lapse test of seismic waveform changes during several days at a tuff area in Japan using a seismic vibrator [講演要旨]

○笠原 順三・久保田 隆二・金井 豊・田澤 教・藤本 理・西山 英一郎・上村 彩・村瀬 敬・野口 静雄・大村 猛(川崎地質),羽佐田 葉子(大和探査)


セッション [資源探査3・CO2]
座長 高梨 将(JOGMEC)
 
5月30日 13:00〜13:20 58) リバースタイムマイグレーションを利用したイメージ領域の地震波干渉法 [講演要旨]

○白石 和也((株)地科研),仲田 典弘(スタンフォード大学)
5月30日 13:20〜13:40 59) 超音波室内実験におけるスウィープ波形利用の効能と限界について [講演要旨]

○松島 潤・鈴木 誠・加藤 俶史・六川 修一(東大・院・工学研)
5月30日 13:40〜14:00 60) アンサンブルカルマンフィルタを用いたMT法のインバージョン [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
5月30日 14:00〜14:20 61) 線電流送信源を用いたTDEM法によるCCSモニタリング [講演要旨]

○永黒 友貴・中山 圭子・羽藤 正実・齋藤 章(早稲田大学)
5月30日 14:20〜14:40 62) CO2-EORにおける弾性波速度によるモニタリングの可能性 [講演要旨]

○東 宏幸・薛 自求(RITE)



< 閉じる >