印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第133回(平成27年度秋季)学術講演会


公益社団法人 物理探査学会
第133回(平成27年度秋季)学術講演会


            会期  平成27年9月24日(木),25日(金),26日(土)
            会場  石川県文教会館
                  金沢市尾山町10番5号 電話:076-262-7311 会場案内はこちら

    9月24日(木)
        一般講演     第1会場  (401会議室,4F)     10:30〜17:30
        一般講演     第2会場  (403会議室,4F)     10:30〜17:30
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場  (402会議室,4F)     17:30〜19:00

    9月25日(金)
        一般講演     第1会場  (401会議室,4F)     9:40〜14:40
        一般講演     第2会場  (403会議室,4F)     9:40〜11:40

        特別講演     特別会場 (ホール,1F)      15:00〜17:00
               座長:川中 卓(株式会社地球科学総合研究所)
               (1)「海洋掘削が拓く地球最後のフロンティア:モホール計画 M2M ―前人未踏のマントルへの挑戦―」
                   海野 進(金沢大学教授) 
               (2)「幕末に金沢を訪れた英国人が驚いたこと」
                   徳田 寿秋(元石川県立歴史博物館館長) 
        交流会   金沢ニューグランドホテル        17:30〜19:30

    9月26日(土)
        一般講演     第1会場  (401会議室,4F)     9:40〜11:40
        一般講演     第2会場  (403会議室,4F)     9:40〜11:40
        見学会      白山手取川ジオパーク周辺     13:00〜

    機器展示
         9月24日(木)   展示会場 (402会議室,4F)     10:30〜19:00
         9月25日(金)   展示会場 (402会議室,4F)     9:40〜14:40
         9月26日(土)   展示会場 (402会議室,4F)     9:40〜11:20

    展示社(50音順)


    参加申込(講演会・交流会・見学会) 事前登録は9月11日まで
      会員:会員の方は会員ページ(こちら)
         ログインし会員サービス→オンライン参加登録システムでお申込み下さい
      非会員:非会員(一般)の方はこちら非会員(学生)の方はこちら

      講演会参加費
       一般:5,000円(事前登録),6,000円(会場登録)
       学生:2,000円(事前登録),3,000円(会場登録)
       事前登録:CD版講演論文集を会場で配付(冊子版は希望者に無料配付)
       会場登録:同上(冊子版は希望者に有料頒布)
       (特別講演は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:6,000円(事前登録),7,000円(会場登録)
       学生:2,000円(事前登録),3,000円(会場登録)
      見学会参加費
       一般:3,000円
       学生:無料
       事前登録をお勧めします(人員に余裕があれば当日登録可).ご案内はこちら
      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります(金沢高岡町郵便局).

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (3)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2015年8月13日 公開


会場案内

9月24日 第1会場

セッション [環境・土木1]
座長 岡崎 健治(土木研究所寒地土木研究所)
 
9月24日 10:30〜10:50 1) 様々な電気探査法による廃棄物埋立層内部状態の可視化 [講演要旨]

○黒川 雅裕・横瀬 隆司(早大・理工),田中 宏和(福井県衛生環境センター),竹内 睦雄(螢献・ヴェスト),香村 一夫(早大・理工)
9月24日 10:50〜11:10 2) 地中レーダによる路面下の地下水面分布調査 [講演要旨]

○尾西 恭亮・網田 和宏・西谷 忠師(秋田大学)
9月24日 11:10〜11:30 3) 測定中に状態変化する比抵抗モニタリングのための新しい解析手法の提案 [講演要旨]

○清水 智明(奥村組),蛭子 清二(GEO倶楽部),西村 和夫(首都大学東京)
9月24日 11:30〜11:50 4) 弾性波速度によるCO2飽和度評価モデルについて [講演要旨]

○東 宏幸(RITE)
9月24日 11:50〜12:10 5) 複合物理探査データを用いた砂岩の透水係数の推定 [講演要旨]

○高橋 亨(深田地質研究所)


セッション [土木2]
座長 尾西 恭亮(秋田大学)
 
9月24日 13:10〜13:30 6) トンネルの地山分類における地山・孔内・コアの弾性波速度に関する考察 [講演要旨]

○岡 健治・倉橋 稔幸(土木研究所寒地土木研究所)
9月24日 13:30〜13:50 7) FWD舗装構造調査結果とGPRの比較検証 [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所)
9月24日 13:50〜14:10 8) RTK-GNSSと差動型LDVを組み合わせたポジショニングシステムの開発 [講演要旨]

○青池 邦夫・高橋 直人・三澤 文慶(応用地質),田中 克典(アクト電子)
9月24日 14:10〜14:30 9) 河川堤防の電気探査と地盤特性(2) [講演要旨]

○岩崎 好規(地域地盤環境研究所),三村 衛(京都大学),中川 康一(大阪市立大学),城森 明(ネオサイエンス),吉村 貢(ソイルアンドロックエンジ),藤原 照幸(地域地盤環境研究所),宇野 匡範(京都大学)
9月24日 14:30〜14:50 10) 比抵抗連続測定によるシールドトンネル掘進中の土質判別技術の開発 [講演要旨]

○斎藤 秀樹・佐野 康・石塚 理・山下 善弘・櫻井 健(応用地質),大木 智明・金丸 清人・西川 泰司・三上 尚美(清水建設)
9月24日 14:50〜15:10 11) 多孔質粘土含有率を用いて表した土の比抵抗モデル [講演要旨]

○小西 千里(応用地質)


セッション [地震・防災1]
座長 野口 竜也(鳥取大・工)
 
9月24日 15:30〜15:50 12) 微動アレイ観測に基づく2013年淡路島付近の地震(Mw5.8)の震源周辺の強震観測点における地下速度構造モデルの推定 [講演要旨]

○染井 一寛・宮腰 研(地域地盤環境研),凌 甦群(ジオアナリシス研)
9月24日 15:50〜16:10 13) 水平アレー地震観測記録を用いた地下深部速度構造の推定(その2) [講演要旨]

○大場 政章・伊藤 利治(日本原子力発電),鈴木 晴彦(応用地質),野畑 有秀・田中 清和(大林組)
9月24日 16:10〜16:30 14) 群馬県・栃木県における常時微動観測および地震観測に基づく地盤モデルの構築 [講演要旨]

○若井 淳・先名 重樹(防災科研),長 郁夫(産総研),神 薫・藤原 広行(防災科研)
9月24日 16:30〜16:50 15) 断層近傍の詳細地盤モデル作成の検討 −深谷断層・綾瀬川断層帯を例として(その2)− [講演要旨]

○神 薫・先名 重樹(防災科研),鈴木 晴彦・干野 真(応用地質),藤原 広行(防災科研)
9月24日 16:50〜17:10 16) 関東地域における微動観測に基づくS波速度構造の推定と地盤モデルの構築 [講演要旨]

○先名 重樹(防災科学技術研究所),松山 尚典(応用地質),神 薫・若井 淳・前田 宜浩・藤原 広行(防災科学技術研究所)
9月24日 17:10〜17:30 17) 本邦沿岸域における高分解能空中磁気探査 [講演要旨]

○大熊 茂雄・中塚 正(産業技術総合研究所)



9月24日 第2会場

セッション [資源探査1]
座長 山下 善弘(応用地質)
 
9月24日 10:30〜10:50 36) 仮想波動領域における人工電流源電磁探査逆解析法の開発 [講演要旨]

○楠田 渓・後藤 忠徳(京大・院・工学研)
9月24日 10:50〜11:10 37) Results of two time-lapse experiments in Al Wasse, Saudi Arabia using ACROSS seismic source [講演要旨]

○笠原 順三(川崎地質),Aldamegh Khalid・Alanezi Ghunaim T.(KACST),Almalki Fahad(kACST),AlYousef Khaled・Alrougy Ibrahim.・Lafouza Omar(KACST),村瀬 圭・上村 彩・久保田 隆二(川崎地質),羽佐田 葉子(大和探査)
9月24日 11:10〜11:30 38) Results of time-lapse experiment in Saudi Arabia using ACROSS seismic source during April and June in 2015 [講演要旨]

○笠原 順三(川崎地質),Al Damegh Khalid・Alanezi. Ghunaim T・AlrougyI brahim.・Almalki Fahad(KACST),村瀬 圭(川崎異質),上村 彩・大沼 寛(川崎地質),藤本 理(川崎異質),久保田 隆二(川崎地質),羽佐田 葉子(大和探査)
9月24日 11:30〜11:50 39) 弾性波の振幅減衰トモグラフィによる地中へのマイクロバブル水注水のモニタリング [講演要旨]

○榊原 淳一・田子 彰大(JFEシビル),中村 悠希・国司 洋介・高梨 将(JOGMEC)
9月24日 11:50〜12:10 40) 探鉱支援システムGRIASの運用 [講演要旨]

○藤田 勝・立川 哲史(宇宙システム開発利用推進機構),光畑 裕司・高倉 伸一((国研)産業技術総合研),中村 英克(石油・天然ガス金属鉱物資源機構)


セッション [資源探査2]
座長 久保田 隆二(川崎地質)
 
9月24日 13:10〜13:30 41) 海底環境調査に適用する3D可視化システムの開発 [講演要旨]

○石橋 正二郎(海洋研究開発機構)
9月24日 13:30〜13:50 42) 狭域集中探査を目的とした自律型無人探査機の設計と機体形状評価 [講演要旨]

○大田 豊・吉田 弘・石橋 正二郎・菅澤 誠・田中 聖隆・フランク ファン(海洋研究開発機構)
9月24日 13:50〜14:10 43) 海底複合観測システム向け音響測位通信装置の評価試験 [講演要旨]

○田中 聖隆・吉田 弘・石橋 正二郎・大田 豊・菅澤 誠・フランク ファン(海洋研究開発機構)
9月24日 14:10〜14:30 44) 海底下調査を目指した電磁波テレメトリとロボットの研究 [講演要旨]

○吉田 弘(海洋機構),永井  守・中村 太郎(中央大),岩切 直彦(情報通信機構),広瀬 幸(東京電機大)
9月24日 14:30〜14:50 45) 海洋鉱物資源データ統合解析の実用化に向けた潜航調査による地質情報の収集と整理 −中部沖縄トラフ伊平屋北海丘域を対象として− [講演要旨]

○金子 誠・高橋 亨(深田地質研究所),北田 数也・笠谷 貴史・町山 栄章(海洋研究開発機構)
9月24日 14:50〜15:10 46) 海底熱水鉱床を対象としたTDEM法探査におけるROVによる影響の除去 [講演要旨]

○黒川 誠弘・中山 圭子・斎藤 章(早大理工)


セッション [資源探査3]
座長 榊原 淳一(JFEシビル)
 
9月24日 15:30〜15:50 47) 部分凍結した塩水における超音波速度と減衰の塩水濃度依存性及び物理モデルに関する研究 [講演要旨]

○ 林森・鈴木 誠・松島 潤(東大・院・工学研)
9月24日 15:50〜16:10 48) ウォークアウェイVSPデータを用いたメタンハイドレート賦存層のS波減衰解析 [講演要旨]

○松島 潤(東大・院・工学研)
9月24日 16:10〜16:30 49) SIP「次世代海洋資源調査技術」海洋資源調査システム・運用手法の開発 その1:「段階別・統合調査手法の確立」の概要と成果 [講演要旨]

○淺川 栄一(J-MARES/地科研),角 知則(J-MARES/新日鉄エンジ),角島 和之(J-MARES/MMTEC),古瀬 雅己(J-MARES/JAPEX),村上 文俊・塚原 均・李 相均(J-MARES/地科研),小泉 朗・小泉 由紀子・池田 誠(J-MARES/MMTEC),東 倫生(J-MARES/JAPEX)
9月24日 16:30〜16:50 50) SIP「次世代海洋資源調査技術」海洋資源調査システム・運用手法の開発 その2:航走観測を主体とした熱水鉱床探査の概要と成果−ベヨネース海丘火山周辺の3次元磁化構造− [講演要旨]

○久保田 隆二・押田 淳・坂本 順哉・内山 昭憲(海調協/川崎地質),橋本 健太郎(海調協/OEC),松田 健也(海調協/国際航業)
9月24日 16:50〜17:10 51) 超小型高性能磁力計の開発 [講演要旨]

○小林 貴幸(OYOコーポレーションUSA),Prouty Mark・Tchernychev Mikhail・Mhaskar Rahul(Geometrics),林 宏一(OYOコーポレーションUSA)
9月24日 17:10〜17:30 52) 種々の岩石の複素比抵抗−計測法の標準化への取り組み− [講演要旨]

○高倉 伸一(産総研)



9月24日 第3会場

セッション [ポスター1]
座長 石垣 孝一((株)日本地下探査)
 
9月24日 17:30〜19:00 P-1) TEM法による地下水の塩水化調査 [講演要旨]

○中村 旭貴(九大・院・工学府),水永 秀樹(大学院工学研究院 地球資源シス)
9月24日 17:30〜19:00 P-2) 樹脂封入型MI素子磁力計の開発 [講演要旨]

○笹谷 勇登・中山 圭子・齋藤 章(早稲田大学),鉄村 光太郎・毛内 也之((株)エスイーシー水産海洋PJ)
9月24日 17:30〜19:00 P-3) 金沢大学重力データベースの改良 [講演要旨]

○澤田 明宏(金沢大・理工),本多 亮(東濃地震科学研究所),平松 良浩(金沢大・理工)
9月24日 17:30〜19:00 P-4) 量子焼きなまし法を用いた重力探査の3次元インバージョン [講演要旨]

○丹野 京介(九大・院・工学府),水永 秀樹(九大・院・工学院)
9月24日 17:30〜19:00 P-5) 庄内平野東縁断層帯における重力探査 [講演要旨]

○和田 茂樹(金沢大学大学院自然科学研究科),田中 俊行・本多 亮(東濃地震科学研究所),岡田 真介(東北大学災害科学国際研究所),澤田 明宏・平松 良浩(金沢大学理工研究域)


セッション [ポスター2]
座長 佐々井 志穂(国際石油開発帝石株式会社)
 
9月24日 17:30〜19:00 P-6) 山形・秋田地域の微動観測に基づくS波速度構造の再推定 [講演要旨]

○先名 重樹(防災科学技術研究所),山田 雅行(ニュージェック),藤原 広行(防災科学技術研究所)
9月24日 17:30〜19:00 P-7) 地中レーダによる福岡県古賀市船原古墳群の遺跡調査 [講演要旨]

○池田 啓介(九大・院・工学府),水永 秀樹(九大・院・工学研)
9月24日 17:30〜19:00 P-8) 干渉SAR解析と斜面ベクトル解析を用いた土砂災害危険地域の解析 [講演要旨]

○中村 貴子(東大・人工物),六川 修一(東大・院・工学研)
9月24日 17:30〜19:00 P-9) 表面波探査におけるいくつかの問題 [講演要旨]

○河村 茂樹(日本物理探鑛)



9月25日 第1会場

セッション [土木2]
座長 今里 武彦(日本地下探査)
 
9月25日 9:40〜10:00 18) 津波伝播特性を利用した沿岸域の早期津波予測 ‐2011年東北地方太平洋沖地震に対する数値計算結果の例‐ [講演要旨]

○津野  靖士(鉄道総研),藤原 了・是永 眞理子・橋本 紀彦(伊藤忠テクノソリューションズ)
9月25日 10:00〜10:20 19) 不均質の地域性を考慮したP波立ち上がりによる震央距離即時推定 [講演要旨]

○岡本 京祐・津野 靖士(鉄道総研)
9月25日 10:20〜10:40 20) 地表面変動検出能力に関する一考察 [講演要旨]

○六川 修一(東大・院・工学研),中村 貴子(東大・人工物)
9月25日 10:40〜11:00 21) 鳥取県内の地震観測点におけるサイト特性の評価 [講演要旨]

○西川 隼人(舞鶴高専),野口 竜也・香川 敬生・吉見 和(鳥取大学)
9月25日 11:00〜11:20 22) 鳥取県内の地震観測点における地盤構造の推定 [講演要旨]

○野口 竜也(鳥取大・工),西川 隼人(舞鶴高専),香川 敬生・吉田 昌平(鳥取大・工)
9月25日 11:20〜11:40 23) 極小・短時間の2点微動アレイの利用性 [講演要旨]

○長 郁夫(産総研),先名 重樹・藤原 広行(防災科研)


セッション [統合物理探査]
座長 長 郁夫(産総研)
 
9月25日 12:40〜13:00 24) 物理探査成果の電子納品 [講演要旨]

○金田 朋之(日本物理探鑛(株)),三木 茂(基礎地盤コンサルタンツ(株)),統合物理探査調査研究委員会  (物理探査学会)
9月25日 13:00〜13:20 25) 統合物理探査および複数物理探査の事例収集と調査対象別適用傾向の検討 [講演要旨]

升元 一彦(鹿島建設),○村田 和則(サンコーコンサルタント),佐々木 勝(基礎地盤コンサルタンツ),津野  靖士(鉄道総合研究所),山上 順民(大成建設),三木 茂(基礎地盤コンサルタンツ)
9月25日 13:20〜13:40 26) 岩石物理学に基づく物理探査データに対する複合解析技術の動向 [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中央研究所)
9月25日 13:40〜14:00 27) 不確かさを含む物理探査結果の評価と意思決定について [講演要旨]

○小西 千里(応用地質)
9月25日 14:00〜14:20 28) 河川堤防施設に対するGPR探査の標準仕様検討及びデータベース試作業務報告(その1)-業務概要- [講演要旨]

○横田 俊之(産総研),山下 善弘(応用地質),高橋 一徳(東北大・東北アジア研),鈴木 浩一(電中研),鈴木 敬一(川崎地質),林 宏一(応用地質USA),稲崎 富士(土研)
9月25日 14:20〜14:40 29) 河川堤防施設に対するGPR探査の標準仕様検討及びデータベース試作業務報告(その2)-標準技術仕様案の検討とDB試作- [講演要旨]

○山下 善弘(応用地質),横田 俊之(産業技術総合研究所),高橋 一徳(東北大学),鈴木 浩一(電力中央研究所),鈴木 敬一(川崎地質),林 宏一(OYO USA),稲崎 富士(土木研究所)



9月25日 第2会場

セッション [資源探査4]
座長 大熊 茂雄(産業技術総合研究所)
 
9月25日 9:40〜10:00 53) 重磁力総合解析 地熱資源評価のための断裂帯・熱源解釈 [講演要旨]

○水谷 滋樹(川崎地質)
9月25日 10:00〜10:20 54) 福米沢水圧破砕時AEモニタリングおよびデータ解析 [講演要旨]

○由井 紀光・淺川 栄一・塚原 均(地科研),手塚 和彦・大崎 豊・芦田 彬久(石油資源)
9月25日 10:20〜10:40 55) メキシコ湾における超高分解能3次元反射法探査による地質災害調査 [講演要旨]

○小林 貴幸(OYOコーポレーションUSA),Brookshire Brian・Mattox Brandon(NCS Subsea),林 宏一(OYOコーポレーションUSA)
9月25日 10:40〜11:00 56) 放射能探査の3次元シミュレーション [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
9月25日 11:00〜11:20 57) 地下流動を考慮した流体流動電磁法の3次元シミュレーション [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭(九州大学)
9月25日 11:20〜11:40 58) 符号分割多重化を用いた多点同時通電電気探査のデータ品質と実用上の課題について [講演要旨]

○山下 善弘(応用地質),Lebert Francois(BRGM)



9月26日 第1会場

セッション [土木3]
座長 村田 和則(サンコーコンサルタント)
 
9月26日 9:40〜10:00 30) 活線道路におけるハイブリッド表面波探査 [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛(土木研究所)
9月26日 10:00〜10:20 31) ハイブリッド表面波探査におけるデータ取得・解析処理条件の検討 [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所),林 宏一(OYO Corp. USA)
9月26日 10:20〜10:40 32) 実岩石模型による不安定岩塊振動計測実験 [講演要旨]

○斎藤 秀樹(応用地質),上半 文昭・箕浦 慎太郎(鉄道総研)
9月26日 10:40〜11:00 33) 岸壁付近で観測される常時微動の特徴 −焼津漁港の観測結果例− [講演要旨]

○鈴木 晴彦・眞鍋 俊平(応用地質),永田 伸也・山田 能弘(静岡県庁),長坂 陽介・野津 厚(港空研),小山 彰・原 和敬(応用地質)
9月26日 11:00〜11:20 34) 薩摩硫黄島の港湾および飛行場における常時微動を用いた地盤調査 [講演要旨]

○山田 雅行・伊藤 佳洋((株)ニュージェック),長尾 毅(神戸大学),野津 厚・長坂 陽介((研)港湾空港技術研究所),大岩根 尚(鹿児島県三島村)
9月26日 11:20〜11:40 35) 周波数波数解析法と空間自己相関法による水平動微動に含まれるLove波の位相速度とパワー比の識別に関する研究(その2) [講演要旨]

○山本 英和・齊藤 剛(岩手大学)



9月26日 第2会場

セッション [地震・防災3]
座長 中村 貴子(東大・人工物)
 
9月26日 9:40〜10:00 59) 孔井内多成分歪計の長期トレンドを用いた応力方位の推定 [講演要旨]

○木口 努・桑原 保人・松本 則夫(産総研)
9月26日 10:00〜10:20 60) 経験的グリーン・テンソルの推定 −福井県で得られた強震記録を用いた試み− [講演要旨]

○大堀 道広(福井大学)
9月26日 10:20〜10:40 61) CSAMT法による台湾南西部烏山頂泥火山の地下構造調査 [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中央研究所),浅野 慶治・田中 和広(山口大学)
9月26日 10:40〜11:00 62) 九十九里低地の浅部地下構造調査 [講演要旨]

○山口 和雄・伊藤 忍(産総研)
9月26日 11:00〜11:20 63) 静岡県富士川河口域における小規模三次元反射法地震探査 [講演要旨]

○横田 俊之(産総研),川崎 慎治・田中 康久(地科研)
9月26日 11:20〜11:40 64) パラメトリック方式高分解能地層探査による湖底地すべり活動履歴の解明:北海道東部,屈斜路湖における試み [講演要旨]

○内田 康人・岡崎 紀俊(道総研・地質研),山崎 新太郎(北見工大・工),高橋 浩晃(北大・院・理学研)



< 閉じる >