印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第134回(平成28年度春季)学術講演会


公益社団法人 物理探査学会
第134回(平成28年度春季)学術講演会


            会期  平成28年5月16日(月),17日(火),18日(水)
            会場  早稲田大学 国際会議場(早稲田キャンパス)
                  東京都新宿区西早稲田1-20-14 事務室電話:03-5286-1755 会場案内はこちら

    5月16日(月)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:20〜16:40
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:20〜16:40
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場  (第3会議室(1),3F)    16:40〜18:10

    5月17日(火)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:00〜11:40
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:00〜11:40
        総会            (井深記念ホール,1F)  12:40〜14:50
        特別講演          (井深記念ホール,1F)  15:10〜17:10
               座長:山中 浩明(東工大)
               (1)「斜面崩壊発生場所に関する最近の研究進展と物理探査に期待するもの」
                   千木良 雅弘(京都大学防災研究所)
               (2)「日本が目指す火星衛星探査と将来の惑星内部探査」
                   宮本 英昭(東京大学総合研究博物館) 
        交流会       (大隅会館 1F 楠亭(なんてい))  17:30〜19:30

    5月18日(水)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:00〜11:40
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:00〜11:40

    機器展示
        5月16日(月)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:20〜18:30
        5月17日(火)    展示会場 (第3会議室(2),3F)    9:40〜13:30
        5月18日(水)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:00〜11:20

    展示社(50音順)
        アクト電子株式会社, 株式会社RSダイナミックス・ジャパン
        伊藤忠テクノソリューションズ株式会社, エフティーエス株式会社
        応用地質株式会社, 株式会社ジオファイブ, 株式会社テラ
        白山工業株式会社, Heesong Geotek Co.,Ltd., 株式会社レアックス

    論文集冊子広告会社(50音順)
        株式会社地球科学総合研究所, 株式会社物理計測コンサルタント

    参加申込(講演会・交流会) 事前登録は5月2日まで
      事前登録はこちら
        *今回よりクレジットカードによるオンライン決済が可能となりました.
         なお,手数料(350円)は利用者負担となります.
      講演会参加費(参加費は外税となりました)
       一般:7,560円(事前登録,税抜7,000),8,640円(会場登録,税抜8,000)
       学生:3,780円(事前登録,税抜3,500),4,320円(会場登録,税抜4,000)
        *講演論文集は冊子のみとなりました.CD-ROMは廃止いたしますが,
         論文集PDFを講演会終了後1週間を目処に,学会ホームページの
         学術講演会講演論文集公開システムで公開いたします.
       事前登録:講演論文集(冊子)を会場で配布
       会場登録:講演論文集(冊子)は希望者に有料頒布(1,080円(税抜1,000円).売切れ御免)
       (特別講演は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:5,400円(事前登録,税抜5,000),6,480円(会場登録,税抜6,000)
       学生:3,240円(事前登録,税抜3,000),3,240円(会場登録,税抜3,000)
      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について(表彰方法変更)
      (2)最優秀発表賞について(新設)
      (3)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (4)講演会プログラムのセッション名は目安としてお考えください.
      (5)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2016年4月14日 公開
2016年4月14日 広告企業追加
2016年4月18日 講演41キャンセル
2016年5月17日 会場住所修正
2016年5月23日 講演20キャンセル



会場案内

5月16日 第1会場

セッション [土木1]
座長 吉村 公孝(原環機構)
 
5月16日 10:20〜10:40 1) 遺跡探査に対する二偏波アレイ型地中レーダの適用性評価 [講演要旨]

○稲見 麻央・松本 正芳・吉村 充則(株式会社パスコ)
5月16日 10:40〜11:00 2) トンネル調査における屈折法地震探査と速度検層による弾性波速度の統計的分析 [講演要旨]

○岡 健治・倉橋 稔幸・山崎 秀策(寒地土研),茂木 透(北大理)
5月16日 11:00〜11:20 3) 岩石の一軸圧縮強度と弾性波速度の関係のモデル化 [講演要旨]

○高橋 亨(深田地質研究所)
5月16日 11:20〜11:40 4) 高速サンプリング探鉱器の開発(その2) [講演要旨]

○山中 義彰・村田 和則(サンコーコンサルタント(株))
5月16日 11:40〜12:00 5) 非接触舗装路物性計測システムの開発(その3):加速度センサアレイ vs マイクロフォンアレイ [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所),今村 杉夫(地圏探査技術研究所),林 宏一(応用地質)


セッション [土木2・廃棄物]
座長 青池 邦夫(応用地質株式会社)
 
5月16日 13:00〜13:20 6) 岩盤の間隙水圧モニタリングMPシステム内での孔間弾性波トモグラフィの実証試験(その2)−地質環境モデルの精緻化の試み− [講演要旨]

○吉村 公孝(原環機構),近藤 浩文(電中研),西尾 光(原環機構),志村 友行(大林組),成田 憲文(ダイヤコンサルタント)
5月16日 13:20〜13:40 7) SIP法データのコール・コールパラメータ3次元解析法の開発 [講演要旨]

○佐々木 裕(TANSA),高倉 伸一(産総研),幕内 歩・松隈 勇太・雨宮 裕・彌富 信義(日鉄鉱業)
5月16日 13:40〜14:00 8) 廃棄物処分場におけるSIP法探査実験(その1):最適なデータ取得の検討 [講演要旨]

○松隈 勇太・幕内 歩・雨宮 裕・彌富 信義(日鉄鉱業(株)),高橋 武春(日鉄鉱コンサルタント(株)),高倉 伸一(産総研),磯部 友護(埼玉県環境科学国際センター)
5月16日 14:00〜14:20 9) 廃棄物処分場におけるSIP法探査実験(その2):電磁カップリングと3次元解析の検討 [講演要旨]

○高倉 伸一(産総研),幕内 歩・松隈 勇太・雨宮 裕・彌富 信義(日鉄鉱業),高橋 武春(日鉄鉱コンサルタント),磯部 友護(埼玉県環境科学国際センター),佐々木 裕(TANSA)


セッション [土木3・堤防]
座長 山中 浩明(東工大)
 
5月16日 15:00〜15:20 10) 河川堤防における統合物理探査結果の検証事例 −阿賀川右岸5.1km付近堤体開削法面(上流側)での調査結果− [講演要旨]

○北 高穂・三木 茂・佐々木 勝・小西 千里(物理探査学会),稲崎 富士(土研),茂木 透(北大・院・理学研)
5月16日 15:20〜15:40 11) 統合物理探査による河川堤防基礎地盤構造のイメージング [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛((国研)土木研究所),青池 邦夫((国研)土木研究所(元))
5月16日 15:40〜16:00 12) 統合物理探査による河川堤防内部物性構造の長期モニタリング [講演要旨]

○稲崎 富士((国研)土木研究所)
5月16日 16:00〜16:20 13) 薄い層からの地中レーダ反射波形 [講演要旨]

佐藤 源之(東北大),○ 志豪(東北大、廈門大)
5月16日 16:20〜16:40 14) 地中レーダ移動体計測におけるポジショニング同期誤差の評価 [講演要旨]

○青池 邦夫・山下 善弘・斎藤 秀樹(応用地質株式会社)



5月16日 第2会場

セッション [資源探査1]
座長 新部 貴夫((株)地球科学総合研究所)
 
5月16日 10:20〜10:40 25) イメージ領域地震波干渉法を用いた多重反射波リバースタイムマイグレーション [講演要旨]

○白石 和也(海洋研究開発機構)
5月16日 10:40〜11:00 26) 地震探査を用いた伊豆背弧掘削のための事前調査とその検証 [講演要旨]

○山下 幹也・田村 芳彦・三浦 誠一・高橋 成実・小平 秀一(海洋研究開発機構)
5月16日 11:00〜11:20 27) Simulation of time-lapse imaging for small oil/gas reservoirs at shallow and deep depths using a few ACROSS seismic sources and sparse receivers [講演要旨]

○羽佐田 葉子(大和探査),笠原 順三(東京海洋大, 静岡大)
5月16日 11:20〜11:40 28) ACROSS Refraction study for the interpretation of time-lapse data in Al Wasse field, Saudi Arabia [講演要旨]

○笠原 順三(川崎地質、東京海洋大学、静岡大),アルダメ ハレッド・アルアネジ グナイム(KACST),村瀬 圭・上村 彩・藤本 理・大沼 寛(川崎地質),羽佐田 葉子(大和探査技術)
5月16日 11:40〜12:00 29) Time-lapse observation in Al Wasse field in Saudi Arabia using ACROSS seismic source and its interpretation [講演要旨]

○笠原 順三(川崎地質、東京海洋大、静岡大),アルダメ ハレッド・アルアネジ グナイム(KACST),村瀬 圭・上村 彩・藤本 理・大沼 寛(川崎地質),羽佐田 葉子(大和探査技術)


セッション [資源探査2・地熱]
座長 山下 幹也(海洋研究開発機構)
 
5月16日 13:00〜13:20 30) 地熱貯留層探査技術フィールド実証試験 ―山川地熱地域における3次元弾性波探査― [講演要旨]

○青木 直史・新部 貴夫・佐藤 馨・阿部 進(地科研),福田 真人(JOGMEC)
5月16日 13:20〜13:40 31) 地熱地域の反射法調査における静補正処理の課題 ―山川弾性波探査実証試験における取り組み― [講演要旨]

○新部 貴夫・青木 直史・佐藤 馨・阿部 進((株)地球科学総合研究所),福田 真人(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
5月16日 13:40〜14:00 32) 反射法・屈折法統合解析による山川地熱地域の3次元構造イメージング [講演要旨]

○佐藤 馨・寺西 陽祐・新部 貴夫・青木 直史・阿部 進(地科研),福田 真人(JOGMEC)
5月16日 14:00〜14:20 33) PS干渉SAR解析を用いた非都市域の地表変動モニタリング−ニュージーランド・オハアキ地熱開発地域への適用 [講演要旨]

○石塚 師也(深田研),辻 健(九大・I2CNER, 九大・工),松岡 俊文(深田研, 京大)
5月16日 14:20〜14:40 34) コインシデントループを用いた空中および海洋TEM法の見掛比抵抗 [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)


セッション [資源探査3・CO2]
座長 水永 秀樹(九州大学)
 
5月16日 15:00〜15:20 35) 深部CSMT法による台湾電力総合研究所・CO2地中貯留実験場の地下構造 [講演要旨]

○鈴木 浩一・窪田 健二・海江田 秀志(電力中研),焦 中輝(台湾電力),楊 明偉(台湾電力総研),城森 明(ネオサイエンス)
5月16日 15:20〜15:40 36) インドネシア中部ジャワ州グンディガス田における浅層を対象とした反射法地震探査の実施 [講演要旨]

○村田 和則・相澤 隆生(サンコーコンサルタント),尾西 恭亮(秋田大学),Awari Priyono・Alfian Bahar・Wawan Kadir・Rachmat Sule(ITB),松岡 俊文(京都大学),グンディCCS 研究プロジェクトチーム
5月16日 15:40〜16:00 37) 時間領域空中電磁法のモデリングとインバージョン [講演要旨]

○佐々木 裕(TANSA),城森 明(ネオサイエンス),結城 洋一(応用地質),茂木 透(北大・理)
5月16日 16:00〜16:20 38) P-THEM(空中電磁探査)データ処理ソフトウェアの開発と解析比抵抗構造の検証 [講演要旨]

○城森 明(ネオサイエンス),佐々木 裕(TANSA),結城 洋一・平田 諒次(応用地質),茂木 透(北大),中山 英二・Pradhan Om(応用地質)
5月16日 16:20〜16:40 39) 周波数領域と時間領域の空中送受信型電磁探査システムの地すべり地への適用 [講演要旨]

○平田 諒次・結城 洋一(応用地質),城森 明(ネオサイエンス),佐々木 裕(TANSA Geophy),茂木 透(北大・理),中山 英二・プラダン オム(応用地質)



5月16日 第3会場

セッション [ポスター]
座長 佐藤 龍也(地熱技術開発)
 
5月16日 16:40〜18:10 P-1) 流体流動電磁法の予備調査 [講演要旨]

○濱田 将伍・水永 秀樹・田中 俊昭(九大・院・工学府),海江田 秀志・鈴木 浩一・窪田 健二(電中研)
5月16日 16:40〜18:10 P-2) 泥岩の比抵抗と孔隙径分布の関係 [講演要旨]

○尾西 恭亮(秋田大・国際資源),泉山 涼(秋田大・工学資源),小助川 洋幸(秋田大・国際資源),阿部 一徳(秋田大・院・工学資源),藤井 光(秋田大・国際資源)
5月16日 16:40〜18:10 P-3) 福島県の広帯域リニアアレイで観測された常時微動の地震波干渉法解析 その2 [講演要旨]

山本 英和・○佐藤 史佳・齊藤 剛(岩手大学)
5月16日 16:40〜18:10 P-4) 徳島県三好市地すべり斜面における比抵抗トモグラフィー [講演要旨]

○後藤 忠徳(京都大学・工),寺嶋 智巳(京都大学防災研究所),山崎 智寛・服部 克巳(千葉大学・理)
5月16日 16:40〜18:10 P-5) 電気探査比抵抗法による廃棄物埋立層内の水みち探索 [講演要旨]

○黒川 雅裕・横瀬 隆司・高橋 光馬(早大理工),田中 宏和(福井県衛生環境研究センター),竹内 睦雄((株)ジオ・ヴェスト),香村 一夫(早大理工)
5月16日 16:40〜18:10 P-6) InSAR解析結果の表示手法について [講演要旨]

○中村 貴子・六川 修一(東京大学)
5月16日 16:40〜18:10 P-7) 重力異常による富士川河口西岸陸域における地下構造の推定 [講演要旨]

○江戸 将寿・馬塲 久紀(東海大学),大熊 茂雄(産業技術総合研究所)



5月17日 第1会場

セッション [土木2]
座長 今里 武彦(日本地下探査)
 
5月17日 10:00〜10:20 15) 高速電気探査装置を用いた現場計測事例 [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所),今村 杉夫(地圏探査技術研究所),坂西 啓一郎(モニー物探)
5月17日 10:20〜10:40 16) 非破壊検査のための非接触音響探査法に関する研究 -高速計測に関する検討- [講演要旨]

○杉本 恒美・杉本 和子(桐蔭横浜大院),黒田 千歳・歌川 紀之(佐藤工業蟲蚕儻Φ羹)
5月17日 10:40〜11:00 17) 大型降雨実験施設を用いた高速電気探査モニタリング実験 [講演要旨]

○高倉 伸一(産総研),酒井 直樹(防災科研),今村 杉夫(4Dジオテック),吉岡 真弓(産総研),石澤 友浩・檀上 徹(防災科研)
5月17日 11:00〜11:20 18) 落石安定性の常時モニタリング(序報) [講演要旨]

○三塚 隆・岡本 栄・甲斐 国臣(地質計測),田山 聡・藤岡 一頼・篠田 雅男・永田 政司(NEXCO総研)
5月17日 11:20〜11:40 19) 岩手県久慈市における微動アレイ探査による地盤振動特性の評価 [講演要旨]

○山本 英和・石川 拓弥・齊藤 剛(岩手大学)



5月17日 第2会場

セッション [資源探査4]
座長 根木 健之(日鉄鉱コンサルタント株式会社)
 
5月17日 10:00〜10:20 40) 仮想波動領域における電磁探査データの逆解析手法の開発と実データへの適用の試み [講演要旨]

楠田 渓・○後藤 忠徳(京都大学・工・地殻環境)
5月17日 10:40〜11:00 42) 独立成分分析を用いた海底電場データのノイズ除去の試み [講演要旨]

○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工・地殻環境工学),笠谷 貴史(JAMSTEC),川田 佳史(東北大・災害科学国際研究所)
5月17日 11:00〜11:20 43) 独立成分分析を用いたMTデータのコヒーレントノイズの除去 [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
5月17日 11:20〜11:40 44) 比抵抗の呼称を電気抵抗率に統一することの提案 [講演要旨]

○佐藤 源之(東北大・東北アジア研)



5月18日 第1会場

セッション [土木5・地震]
座長 杉本 恒美(桐蔭横浜大院)
 
5月18日 10:20〜10:40 21) 逗子市内における超高密度臨時地震観測 [講演要旨]

○伊藤 世哉・小田 義也(首都大学東京・都市環境)
5月18日 10:40〜11:00 22) トルコの強震観測点での表面波探査と微動探査によるS波速度構造モデルの比較 [講演要旨]

○山中 浩明(東工大),オズメン オズギュル(トルコ首相府災害危機管理庁),地元 孝輔(東工大),ジェケン ウルベイ・アルカン メーメット・アキフ・テキン クデュレット・アテシュ エルカン(トルコ首相府災害危機管理庁),チタク セチキン(海洋研究開発機構),オゼル オウズ(イスタンブール大学),カラゴズ オズレム(東工大)
5月18日 11:00〜11:20 23) リファレンス点からのサイト増幅を利用した沿線地震動の評価に関する検討 [講演要旨]

○津野 靖士(鉄道総研),神山 真樹・宮腰 寛之(JR東日本)
5月18日 11:20〜11:40 24) 干渉SAR解析による桜島の地殻変動モニタリングに関する研究 [講演要旨]

○六川 修一(東大・院・工学研究科),松本 昂樹(東大・工学部),中村 貴子(東大・人工物)



5月18日 第2会場

セッション [資源探査5]
座長 佐藤 源之(東北大・東北アジア研)
 
5月18日 10:00〜10:20 45) 海底熱水鉱床を対象としたROV海底曳航方式TDEM法探査法の開発 [講演要旨]

○中山 圭子・齋藤 章(早大・理工)
5月18日 10:20〜10:40 46) 海底石油ガス田を対象とした電磁探査法におけるairwaveについての考察 [講演要旨]

○村北 貴郁・齋藤 章(早大・理工)
5月18日 10:40〜11:00 47) 表層不均質の影響に対して高い耐性を有するMT法3次元インバージョン [講演要旨]

○根木 健之(日鉄鉱コンサルタント株式会社),幕内 歩(日鉄鉱業株式会社),岸本 宗丸(日鉄鉱コンサルタント株式会社)
5月18日 11:00〜11:20 48) 磁気探査を例にした単純化地下構造モデル逆解析の試み [講演要旨]

○坂中 伸也(秋田大学国際資源学部)
5月18日 11:20〜11:40 49) 2.5次元任意多角柱モデルで計算される磁気異常解析法 [講演要旨]

○丸山 純也・坂中 伸也(秋田大・院・国際資源学研)



< 閉じる >