印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第136回(平成29年度春季)学術講演会

公益社団法人 物理探査学会
第136回(平成29年度春季)学術講演会


            会期  平成29年6月5日(月),6日(火),7日(水)
            会場  早稲田大学 国際会議場(早稲田キャンパス)
                  東京都新宿区西早稲田1-20-14 事務室電話:03-5286-1755
    6月5日(月)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:00〜17:00
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:00〜17:00
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場  (第3会議室(1),3F)    17:00〜18:30

    6月6日(火)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     9:40〜12:00
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     9:40〜12:00
        総会            (井深記念ホール,1F)  13:10〜15:20
        学会賞受賞講演       (井深記念ホール,1F)  15:40〜17:10

        交流会   早稲田大学 早稲田キャンパス26号館大隈記念タワー15階 森の風
                                  17:30〜19:30

    6月7日(水)
        特別セッション  第1会場  (第1会議室,3F)     9:30〜12:00
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     13:00〜17:20
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     13:00〜17:20

    機器展示
        6月5日(月)    展示会場 (第3会議室(2),3F)    10:00〜18:30
        6月6日(火)    展示会場 (第3会議室(2),3F)    9:40〜13:30
        6月7日(水)    展示会場 (第3会議室(2),3F)    9:30〜17:00

    展示社(50音順)
        アクト電子株式会社, 株式会社RSダイナミックス, 伊藤忠テクノソリューションズ(株)
        エフティーエス株式会社, 株式会社ジオファイブ, 株式会社 昌新
        スリーエス・オーシャンネットワーク(有), 株式会社テラ, 白山工業(株)
        株式会社レアックス

    論文集冊子広告会社(50音順)
        川崎地質(株), (株)地球科学総合研究所, (株)物理計測コンサルタント

    参加申込(講演会・交流会) 事前登録は5月22日まで
      事前登録はこちら
        *クレジットカードによるオンライン決済が可能となりました.
         なお,手数料(350円)は利用者負担となります.
      講演会参加費(参加費は外税となりました)
       一般:7,560円(事前登録,税抜7,000),8,640円(会場登録,税抜8,000)
       学生:3,780円(事前登録,税抜3,500),4,320円(会場登録,税抜4,000)
        *講演論文集は冊子のみとなりました.CD-ROMは廃止いたしましたが,
         論文集PDFを講演会終了後1週間を目処に,学会ホームページの
         学術講演会講演論文集公開システムで公開いたします.
       事前登録:講演論文集(冊子)を会場で配布
       会場登録:講演論文集(冊子)は希望者に有料頒布(1,080円(税抜1,000円).売切れ御免)
       (特別講演は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:5,400円(事前登録,税抜5,000),6,480円(会場登録,税抜6,000)
       学生:3,240円(事前登録,税抜3,000),3,240円(会場登録,税抜3,000)

      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)最優秀発表賞について
      (3)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (4)講演会プログラムのセッション名は目安としてお考えください.
      (5)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2017年5月01日 公開
2017年5月02日 プログラム変更(講演番号18と37を入替え)
2017年5月03日 プログラム変更(講演番号46欠番、ポスター追加)
2017年5月08日 プログラム変更(P9を41に変更で、講演番号P9-P17、41-46リナンバリング)
2017年5月10日 展示社追加
2017年5月11日 プログラム変更(発表者変更で、講演番号P4-P7リナンバリング)
2017年5月13日 プログラム変更(座長変更、地熱1⇔地熱2)
2017年5月25日 講演55,57キャンセル
2017年6月01日 展示企業追加
2017年6月14日 講演P14キャンセル



会場案内

6月5日 第1会場

セッション [土木1・防災1]
座長 磯 真一郎(早大理工)
 
6月5日 10:00〜10:20 1) 地表NMR探査の国内現場実験について(その2) [講演要旨]

○小西 千里・青池 邦夫(応用地質株式会社),河合 隆行(鳥取大学),黒田 清一郎(農村工学研究所)
6月5日 10:20〜10:40 2) 東部アフリカにおける地下水調査 [講演要旨]

○相澤 隆生(サンコーコンサルタント),中村 謙仁・石井 博(NTCインターナショナル(株))
6月5日 10:40〜11:00 3) 河川堤防統合物理探査における不均質構造のスケール把握の重要性 [講演要旨]

○稲崎 富士(土木研究所)
6月5日 11:00〜11:20 4) RTK-GNSS連動型地中レーダによる除礫探査 ―盛土に混入した規格外サイズの礫の検出― [講演要旨]

○青池 邦夫(応用地質),木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士(土木研究所)
6月5日 11:20〜11:40 5) 機械学習を用いた地中レーダによる舗装道路下空洞箇所の自動抽出の試み [講演要旨]

○山下 善弘・鴨下 智裕(応用地質),深津 卓弥(SOINN),長谷川 修(SOINN/東工大)
6月5日 11:40〜12:00 6) TS連動型地中レーダによる樹木診断のための根系計測 [講演要旨]

○高橋 一徳・青池 邦夫・芦葉 弥生・梶野 健・石澤 伸彰(応用地質)


セッション [CO2]
座長 白石 和也(JAMSTEC)
 
6月5日 13:00〜13:20 7) インドネシア中部ジャワ州グンディガス田におけるCCSモニタリングのための2次元反射法地震探査解析結果について [講演要旨]

○村田 和則・相澤 隆生(サンコーコンサルタント),小澤 岳史(地科研),羽藤 正実(早稲田大学),Alfian Bahar(バンドン工科大学),松岡 俊文(京都大学),高橋 亨(深田地質研究所),Awali Priyono・Wawan Gunawan・Rachmat Sule(バンドン工科大学),Alphius Guntara(プルタミナUTC)
6月5日 13:20〜13:40 8) インドネシア・グンディガス田におけるCCS研究プロジェクト−モニタリング計画とベースライン探査− [講演要旨]

○高橋 亨(深田地質研究所),羽藤 正実(早稲田大学),松岡 俊文(京都大学),Sule Mohammad Rachmat・Kadir Wawan Gunawan A.(バンドン工科大学)
6月5日 13:40〜14:00 9) カナダ・アクイストアCCSサイトにおける常設震源アクロスを用いた貯留層モニタリングにおける課題 [講演要旨]

○伴 英明・中務 真志・加藤 文人・天野 博(JOGMEC),Worth Kyle(PTRC),White Don(GSC)
6月5日 14:00〜14:20 10) Vibroseis deconvolutionとの類似性に基づくACROSS deconvolutionについて [講演要旨]

○天野 博・伴 英明・中務 真志・加藤 文人(JOGMEC),Kyle Worth(PTRC),Don White(GSC)
6月5日 14:20〜14:40 11) 単一のアクロス震源を利用したAquistore CCSサイトにおける表面波位相速度の空間分布とモニタリング [講演要旨]

○池田 達紀・辻 健(九大),中務 真志・伴 英明・加藤 文人(JOGMEC),Worth Kyle(PTRC),White Don・Roberts Brian(GSC)


セッション [土木2・防災2]
座長 佐藤 秀幸(原子力規制庁)
 
6月5日 15:00〜15:20 12) 山岳地の屈折法地震探査記録を用いた表面波の解析 [講演要旨]

○林 宏一・江波戸 昌徳・山本 正人・横山 幸也(応用地質株式会社),佐貫 智行(東北大学)
6月5日 15:20〜15:40 13) 福島県の広帯域リニアアレイで観測された常時微動の地震波干渉法解析 その4 [講演要旨]

○佐藤 史佳(岩手大・院・工学研),山本 英和・齊藤 剛(岩手大・理工)
6月5日 15:40〜16:00 14) アレイ観測された水平動微動の周波数波数解析法によるLove波の位相速度の推定 [講演要旨]

○山本 英和(岩手大学理工学部),金崎 慶次(岩手大学工学部),齊藤 剛(岩手大学理工学部)
6月5日 16:00〜16:20 15) 浅部2次元S波速度構造推定を目的とした短周期微動の地震波干渉法解析―岩手大学構内における試み― [講演要旨]

○山本 英和(岩手大学理工学部),佐々木 恭輔(岩手大学工学部),齊藤 剛(岩手大学理工学部)
6月5日 16:20〜16:40 16) 準静的表面波探査:極浅層S波速度構造探査の新たなアプローチ [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛(土木研究所),林 宏一(ジオメトリクス),北 高穂(TK海陸調査事務所)
6月5日 16:40〜17:00 17) 小型無人航空機(UAV/ドローン) による周波数領域電磁探査法の開発 [講演要旨]

○上田 匠(産総研、現:早大・創造理工),光畑 裕司・加藤 晋・神村 明哉(産総研),谷村 和彦((株)日立製作所),伊豆 智幸((株)エンルート),植田 大造・藤井 純一郎(八千代エンジニヤリング(株))



6月5日 第2会場

セッション [地熱1]
座長 上田 匠(早稲田大学創造理工学部)
 
6月5日 10:00〜10:20 42) 山川地熱地域における弾性波探査をガイドとしたMT/Gravity/Magneticデータの3次元逆解析 [講演要旨]

○三浦 卓也・持永 尚子・青木 直史(地科研),Masashi Endo・Alex Gribenko・David Sunwall(TechnoImaging),毛利 拓治(JOGMEC)
6月5日 10:20〜10:40 43) 山川地熱地域でのFWI解析適用による高分解能速度構造推定の検証 [講演要旨]

○新部 貴夫・佐藤 馨・青木 直史((株)地球科学総合研究所),毛利 拓治((独)石油天然ガス・金属鉱物資)
6月5日 10:40〜11:00 44) 地震波干渉法による山川地熱地域の地下構造イメージングと反射法データ補填の検証 [講演要旨]

○新部 貴夫・青木 直史((株)地球科学総合研究所),毛利 拓治((独)石油天然ガス・金属鉱物資)
6月5日 11:00〜11:20 45) 山川地熱地域における統合解析による3次元地質モデル構築 [講演要旨]

○持永 尚子・青木 直史(地科研),毛利 拓治(JOGMEC)
6月5日 11:20〜11:40 46) Application of Artificial Neural Network on Vertical and Lateral Temperature Estimation Based on Using Magnetotelluric Data [講演要旨]

○マリャディ マリャディ・水永 秀樹(九州大学)


セッション [地熱2]
座長 山本 英和(岩手大学理工学部)
 
6月5日 13:00〜13:20 47) ケプストラムを使ったMT法データの時系列解析 [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
6月5日 13:20〜13:40 48) 鹿児島県大霧地熱地帯での空中重力偏差法データの3次元成層構造解析結果 [講演要旨]

○横井 浩一(日鉄鉱コンサルタント(株)),樋口 聖・高山 純一(日鉄鉱業(株))
6月5日 13:40〜14:00 49) A NEW GENERATION OF INDUCTION SENSORS FOR BROADBAND MAGNETOTELLURICS MEASUREMENTS [講演要旨]

Avram Yann・山下 実・○Finateu Caroline・Urakov Murat(フェニックス社)
6月5日 14:00〜14:20 50) UPDATED MAGNETOTELLURIC (MT) SYSTEM : REAL-TIME CONTROL, OPERATION, MONITORING, AND DATA FILING USING MULTIPLE REMOTE SITES [講演要旨]

○山下 実・Finateu Caroline・Avram Yann・Urakov Murat(フェニックス社)
6月5日 14:20〜14:40 51) Window controlled CMP Crosscorrelation Analysis for Surface Wave in Geothermal Field [講演要旨]

○Andajani Rezkia Dewi・池田 達紀・辻 健(九大)


セッション [メタンハイドレート他]
座長 稲盛 隆穂(地科研)
 
6月5日 15:00〜15:20 52) 波動伝播可視化による亀裂の動的特性把握:室内実験のコンセプト [講演要旨]

○松島 潤(東大・院・工学研),アリ モハメド・ブチャラ ファテ(アブダビ石油大学)
6月5日 15:20〜15:40 53) Wrap-around多重反射波を用いた海中メタン気泡の検出可能性について [講演要旨]

榊原 侑利・○松島 潤(東大・院・工学研)
6月5日 15:40〜16:00 54) Rock physics modeling of ultrasonic P- and S-wave velocity and attenuation in partially unfrozen unconsolidated sands: comparison with laboratory measurements [講演要旨]

○ 林森・松島 潤(東大・院・工学研)
6月5日 16:20〜16:40 56) Pore Pressure Prediction using Seismic Velocity: Case Study in LN Field Kutai Basin [講演要旨]

○Susanto Agung Adi(UTC Pertamina,),Suherman ・Sukotjo Artini(UTC Pertamina),Septama Erlangga(PT Pertamina EP),Guntara Alpius Dwi(UTC Pertamina),Samsoe Muhammad Noer・Handayani Tri(PT Pertamina EP),Triyoso Wahyu(ITB)



6月5日 第3会場

セッション [ポスター1]
座長 相部 翔(住鉱資源開発)
 
6月5日 17:00〜18:30 P-1) 海底熱水活動域岩石サンプルの比抵抗特性と化学組成の関係性 [講演要旨]

○大田 優介・後藤 忠徳・小池 克明・柏谷 公希・林 為人(京都大学工学研究科),多田井 修(マリンワークジャパン),笠谷 貴史・金松 敏也・町山 栄章(海洋研究開発機構)
6月5日 17:00〜18:30 P-2) 廃棄物埋立層内における不飽和浸透流の可視化手法の検討 [講演要旨]

○楠山 永介・香村 一夫(早大・理工)
6月5日 17:00〜18:30 P-3) 地中レーダによるキャピラリーバリアー機能の原位置評価の試み [講演要旨]

○石井 伸幸・森井 俊廣(新潟大学農学部),黒田 清一郎(農研機構 農工研)
6月5日 17:00〜18:30 P-4) 産総研構内での重力基点網の整備とラコスト重力計(D型)の定数検定への応用 [講演要旨]

○望月 一磨(産総研,静大・院・総科技),千田 康介(産総研,筑波大・院・生命環境),住田 達哉(産総研)
6月5日 17:00〜18:30 P-5) 多周波数型電磁探査の応用例と効果的なノイズ除去法 [講演要旨]

○坂中 伸也(秋田大学大学院国際資源学研究科),高津戸 悠輝(東日本旅客鉄道),丸山 純也・井上 雄介・小林 拓也(秋田大学大学院国際資源学研究科)
6月5日 17:00〜18:30 P-6) 足柄平野西部における臨時地震観測と地下構造調査 [講演要旨]

○津野 靖士(鉄道総研),地元 孝輔(東工大),三宅 弘恵(東大),佐藤 浩章(電中研),松島 信一(京大),重藤 迪子(九大),高井 伸雄(北大),神野 達夫(九大),纐纈 一起(東大),山中 浩明(東工大),川瀬 博(京大)
6月5日 17:00〜18:30 P-7) 伊予灘における反射法データを用いた中央構造線断層帯の深部構造の検討 [講演要旨]

○西坂 直樹・大西 耕造・石川 慶彦・大野 裕記(四国電力),高橋 恭平(総合地質調査),池田 倫治(四国総研),辻 健(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-8) 海陸統合反射法及び屈折法地震探査による下北半島中深部の地震波速度構造 [講演要旨]

○佐藤 秀幸(原子力規制庁)


セッション [ポスター2]
座長 山口 和雄(産総研)
 
6月5日 17:00〜18:30 P-9) Magnetotelluric Exploration at Tendaho High Temperature Geothermal Field in North East Ethiopia [講演要旨]

○Keto Yosef Kebede・水永 秀樹(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-10) Archaeological Prospection at Dazaifu by FDEM [講演要旨]

○Gallagher Daniel・水永 秀樹(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-11) 屈折法データ解析のための波線追跡プログラムの開発 [講演要旨]

○星野 剛右・水永 秀樹・田中 俊昭(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-12) 地層境界検出を目的としたスクウェア配置比抵抗法のシミュレーション [講演要旨]

○江種 佑介・水永 秀樹・田中 俊昭(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-13) 流体流動電磁法の注水モニタリング実験 [講演要旨]

○岡本 駿一・濱田 将伍・水永 秀樹・田中 俊昭(九州大学),海江田 秀志・鈴木 浩一・窪田 健二(電力中央研究所)
6月5日 17:00〜18:30 P-15) 海洋MT法の機器開発 [講演要旨]

○田中 俊昭・濱田 将伍・水永 秀樹(九州大学)
6月5日 17:00〜18:30 P-16) 地中レーダの繰り返し記録における走時変化量の解析手法の改善 [講演要旨]

○尾西 恭亮・木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士(土木研究所)
6月5日 17:00〜18:30 P-17) 干渉SAR解析を用いた白山南西部斜面における近年の地すべり地表変動の検出 [講演要旨]

石塚 師也(北海道大学),藤井 幸泰・○金子 誠・高橋 亨・松岡 俊文(深田地質研究所)



6月6日 第1会場

セッション [土木3・防災3]
座長 小西 千里(応用地質株式会社)
 
6月6日 9:40〜10:00 18) 大宰府蔵司地区の地中レーダ探査 [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭・岩本 鐘海(九州大学)
6月6日 10:00〜10:20 19) 南海トラフ熊野灘における三次元海上地震探査データの再解析と深度イメージング [講演要旨]

○白石 和也(JAMSTEC),Moore Gregory(ハワイ大学),山田 泰広(JAMSTEC),木下 正高(東大・地震研),真田 佳典(JAMSTEC),木村 学(東京海洋大)
6月6日 10:20〜10:40 20) 2015年ゴルカ・ネパール地震の余震観測記録を用いたカトマンズ盆地の深部地下構造の検討 [講演要旨]

○高井 伸雄・Bijukchhen Subeg(北大・院・工学研),重藤 迪子(九大・院・工学研),一柳 昌義(北大・院・理学研),笹谷 努
6月6日 10:40〜11:00 21) 物理探査法による地中送電線周辺の固有熱抵抗の評価(その6)−未固結地盤を対象とした物性モデルと固有熱抵抗モデルの相関− [講演要旨]

○鈴木 浩一・窪田 健二・海江田 秀志(電力中研),福田 欣也(関西電力),山口 伸治(日本地下探査)
6月6日 11:00〜11:20 22) 複数の物理探査法による高経年ダム基礎の健全性評価への適用 [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中研),陣内 久雄(九州電力),黒田 清一郎(農研機構),榊原 淳一(JFEシビル),相澤 隆生・伊東 俊一郎(サンコーコンサルタント),江藤 芳武・永松 由之(西日本技術開発)
6月6日 11:20〜11:40 23) 落石安定性の常時モニタリング [講演要旨]

○三塚 隆・岡本 栄・甲斐 国臣(地質計測),横田 聖哉・藤岡 一頼・藤原 優・和地 敬(NEXCO総研)
6月6日 11:40〜12:00 24) The Application of 2D Resistivity and Induced Polarization Methods for Slope Study at Penang Island, Malaysia [講演要旨]

○Faharul Azman Muhamad Iqbal Mubarak Bin・Mohamad Yusof Azim Hilmy・Ismail Nur Azwin・Muztaza Nordiana Mohd(マレーシアサインズ大学)



6月6日 第2会場

セッション [空中探査]
座長 後藤 忠徳(京都大学)
 
6月6日 9:40〜10:00 58) 空中電磁探査法・空中磁気探査法結果の地熱資源評価への適用に関する提言 [講演要旨]

○茂木 透(北大),千葉 昭彦(住鉱資源開発),光畑 裕司・大熊 茂雄(産総研),毛利 拓治(石油天然ガス・金属鉱物資源機構),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 10:00〜10:20 59) 地熱資源ポテンシャル調査における時間領域空中電磁探査法データの品質評価 [講演要旨]

○光畑 裕司(産総研),千葉 昭彦(住鉱資源開発),小森 省悟(産総研),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 10:20〜10:40 60) 時間領域電磁探査法1次元解析ソフトEM1DTMの空中探査への適用に関する1考察 [講演要旨]

○代田 敦(住鉱資源開発株式会社),毛利 拓治(石油天然ガス・金属鉱物資源機構),千葉 昭彦(住鉱資源開発株式会社),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 10:40〜11:00 61) 地熱資源調査のための空中時間領域電磁探査の解析手法の検討 [講演要旨]

○城森 明(ネオサイエンス),佐々木 裕(TANSA),遠藤 仁(TechnoImaging),毛利 拓治(JOGMEC),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 11:00〜11:20 62) 地熱地域HELITEM調査に付随した空中磁気探査のデータ取得・処理に見られた課題 [講演要旨]

○中塚 正・大熊 茂雄(産総研),影浦 亮太(大日本コンサルタント),牧野 雅彦(産総研),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 11:20〜11:40 63) 地熱地域HELITEM調査に付随した空中磁気探査データの2次元フィルタ処理について [講演要旨]

○影浦 亮太(大日本コンサルタント),大熊 茂雄・中塚 正・牧野 雅彦(産総研),SEGJ空中物理探査研究委員会  
6月6日 11:40〜12:00 64) 地熱地域の磁化強度マッピング−HELITEM調査による磁気異常データの利用 [講演要旨]

○大熊 茂雄・中塚 正(産総研),影浦 亮太(大日本コンサルタント),牧野 雅彦(産総研),SEGJ空中物理探査研究委員会  



6月7日 第1会場

セッション [特別セッション:海底熱水鉱床と物理探査]
座長 鈴木浩一(電中研)
 
6月7日 9:30〜12:00 25) 海洋鉱物資源開発について -JOGMECの取組- [講演要旨]

○栗原 政臣(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
6月7日 9:30〜12:00 26) 科学掘削により明らかになった沖縄トラフ熱水域の海底下地質構造 [講演要旨]

○石橋 純一郎(九州大学),熊谷 英憲・野崎 達生・前田 玲奈(海洋研究開発機構)
6月7日 9:30〜12:00 27) 沖縄トラフ海底熱水鉱床における検層調査 [講演要旨]

○真田 佳典・斎藤 実篤・濱田 洋平・木戸 ゆかり・山田 泰広・北田 数也・野崎 達生・熊谷 英憲(海洋開発機構),石橋 純一郎(九州大学),前田 玲奈(海洋開発機構),CK14-04, CK16-01, CK16-05 乗船者一同
6月7日 9:30〜12:00 28) 海底熱水活動域における高分解能音波探査手法を用いた浅部地下構造探査-中部沖縄トラフ、伊是名海穴での実施例- [講演要旨]

○多良 賢二・芦 寿一郎(東京大学),浅野 泰寛・清野 雄太郎(早稲田大学),淺川 栄一(JGI),徳山 英一(高知大学)
6月7日 9:30〜12:00 29) 海底熱水鉱床の時間領域電磁探査データ処理 [講演要旨]

○中山 圭子・斎藤 章(早大・理工)


セッション [防災4]
座長 津野 靖士(鉄道総研)
 
6月7日 13:00〜13:20 30) 2016年熊本地震で阿蘇・内牧温泉で発生した水平滑り:温泉が一時的に止まったメカニズム [講演要旨]

○辻 健・石橋 純一郎(九州大学),石塚 師也(北海道大学),鎌田 龍一(地域資源開発)
6月7日 13:20〜13:40 31) 熊本地震被災地での浅部物理探査 [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛・尾西 恭亮(土木研究所)
6月7日 13:40〜14:00 32) 熊本城における余震観測および常時微動観測による地震動特性 [講演要旨]

○岩崎 好規(地域地盤環境研究所),福田 光治(大成ジオテク),竹本 哲也・圡 琴世・鈴木 恵三(阪神コンサルタンツ)
6月7日 14:00〜14:20 33) 熊本平野における広帯域強震動評価のための浅部・深部統合地盤モデルの構築 [講演要旨]

○先名 重樹・若井 淳・神 薫(防災科学技術研究所),長 郁夫(産業総合技術研究所),松山 尚典・谷田貝 淳(応用地質),藤原 広行(防災科学技術研究所)
6月7日 14:20〜14:40 34) 微動アレイ探査による強震動予測のための熊本平野における深部地盤構造モデルの作成 [講演要旨]

○小川 直人・鈴木 晴彦(応用地質),先名 重樹・神 薫・若井 淳(防災科研),松山 尚典・櫻井 健・谷田貝 淳・駒澤 正夫(応用地質)
6月7日 14:40〜15:00 35) 雑微動の相互相関解析を用いた熊本地震による弾性波速度変化のマッピング [講演要旨]

○二宮 啓・池田 達紀・辻 健(九大)


セッション [土木4]
座長 高橋 一徳(応用地質)
 
6月7日 15:20〜15:40 36) 高密度3次元地中レーダ記録の取得とイメージング [講演要旨]

○尾西 恭亮・木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士(土木研究所),Reeves Bryan(RPS)
6月7日 15:40〜16:00 37) 九十九里低地の浅部地下構造調査(矢指ヶ浦周辺) [講演要旨]

○山口 和雄・伊藤 忍(産総研)
6月7日 16:00〜16:20 38) 繰り返し計測による模擬堤防における内部物性構造変化の把握 [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士・尾西 恭介(土木研究所)
6月7日 16:20〜16:40 39) 非破壊検査のための非接触音響探査法に関する研究 -遠距離計測に関する検討- [講演要旨]

○杉本 恒美・杉本 和子・上地 樹(桐蔭横浜大院),川上 明彦(本州四国連絡高速道路),黒田 千歳・歌川 紀之(佐藤工業)
6月7日 16:40〜17:00 40) Detection of historic human burials using Resistivity method [講演要旨]

○Mohd Mansor Muhamad Hafizuddin・N.A Ismail・N.M Mustaza・M.I.M Faharul Azman・A.H Mohamad Yusof(マレーシアサインズ大学)
6月7日 17:00〜17:20 41) Monitoring Saltwater Intrusion in Teluk Kumbar, Penang Island [講演要旨]

○Mohamad Yusof Azim Hilmy・Faharul Azman Muhamad Iqbal Mubarak・Ismail Nur Azwin・Muztaza Nordiana Mohd(マレーシアサインズ大学)



6月7日 第2会場

セッション [資源探査1]
座長 坂中伸也(秋田大学)
 
6月7日 13:00〜13:20 65) FCMクラスタリング制約項を用いた2次元曳航式海底電気探査法逆解析 [講演要旨]

○石須 慶一・後藤 忠徳(京都大学),Vachiratienchai Chatchai(Curl-E),Siripunvaraporn Weerachai(マヒドン大学),笠谷 貴史・岩本 久則(JAMSTEC)
6月7日 13:20〜13:40 66) 伊是名海穴における自然電位および比抵抗探査(速報) [講演要旨]

岡田 力(三井金属資源開発),○久保田 隆二(川崎地質),石川 秀浩(三井金属資源開発),岩本 久則(海洋研究開発機構),金井 豊(川崎地質),高橋 実(海洋エンジニアリング),松田 健也(国際航業),笠谷 貴文(海洋研究開発機構)
6月7日 13:40〜14:00 67) 伊是名海穴における海底重力探査 [講演要旨]

○押田 淳・立花 冬威(海洋調査協会/川崎地質),角 知則(J-MARES新日鉄住金エンジ)
6月7日 14:00〜14:20 68) 中部沖縄トラフ久米島沖熱水活動域における精密海上地球物理調査 [講演要旨]

○北田 数也・笠谷 貴史・岩本 久則(JAMSTEC),野木 義史(極地研)
6月7日 14:20〜14:40 69) 海洋鉱物資源データ統合解析の実用化に向けた潜航調査による地質情報の収集と整理(その2) −中部沖縄トラフ伊是名海穴および伊平屋小海嶺を対象として− [講演要旨]

○金子 誠・高橋 亨(深田地質研究所),笠谷 貴史・北田 数也・高橋 亜夕・町山 栄章(海洋研究開発機構)
6月7日 14:40〜15:00 70) 岩石電気物性データベースの構築−金属鉱床探査支援を目指して− [講演要旨]

○高倉 伸一・中山 京子(産総研)


セッション [資源探査2]
座長 高橋 亨(深田地質研究所)
 
6月7日 15:20〜15:40 71) 周波数領域独立成分分析を用いた電磁探査データのノイズ除去手法の開発 [講演要旨]

○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工・地殻環境工学),笠谷 貴史(JAMSTEC),市原 寛(神戸大・海事科学研究科)
6月7日 15:40〜16:00 72) 陸上低周波地震探査に関わる実証データ取得実験と技術評価 [講演要旨]

○新部 貴夫((株)地球科学総合研究所),阿部 進(石油資源開発株式会社),藤原 明((株)地球科学総合研究所),佐藤 比呂志・石山 達也(東京大学地震研究所)
6月7日 16:00〜16:20 73) 同時発振方式による浅海3D反射法地震探査のための振源テスト [講演要旨]

○鶴 哲郎(海洋大),榊原 淳一(JFEシビル),朴 進午(東大大気海洋研),高梨 将(JOGMEC),辻 健(九大)
6月7日 16:20〜16:40 74) Vibroseis sweep test over volcanic rock: Case study of 2D seismic test line on Mt. Ciremai - West Java, Indonesia [講演要旨]

○Guntara Alpius Dwi・SUSANTO AGUNG ADI(PT PERTAMINA),LAKSONO HENDRO(PT ELNUSA)
6月7日 16:40〜17:00 75) Impact of Using Various Petrophysical Method in Controlling Fault-Seal Analysis and Fault Reactivation risk Prediction of Limestone Reservoir in the Salawati Basin, Bird Head Region, West Papua, Indonesia [講演要旨]

○Putra Perdana Rakhmana・rahardjo Sigit・Natsir Muhamad(Pertamina),Sapiie Benyamin(ITB),Putra Teddy Eka(Pertamina),Wibisono Ananto(Exploration)
6月7日 17:00〜17:20 76) New Approach to Identify Hydrocarbon Accumulation Based On Heat Propagation In Ogan Field, Indonesia [講演要旨]

○Suprayogi Kukuh(PT Pertamina)



< 閉じる >