印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第137回(平成29年度秋季)学術講演会

公益社団法人 物理探査学会
第137回(平成29年度秋季)学術講演会

            会期  平成29年11月08日(水),09日(木),10日(金)
            会場  東京工業大学すずかけ台キャンパス 大学会館・H2棟2-3階
                  神奈川県横浜市緑区長津田町4259 電話:045-924-5993(会館事務室)

    11月08日(水)
        一般講演     第1会場 (H2棟,集会室1,2F)    10:30〜16:50
        一般講演     第2会場 (H2棟,集会室2,2F)    10:30〜16:50
        ポスターセッション・コアタイム 第3会場 (H1棟,ラウンジ,3F)   16:50〜18:20

    11月09日(木)
        一般講演     第1会場 (H2棟,集会室1,2F)    9:50〜11:30
        一般講演     第2会場 (H2棟,集会室2,2F)    9:30〜11:30
        特別セッション  第4会場 (H2棟,多目的ホール,3F) 12:30〜15:30
        特別講演     第4会場 (H2棟,多目的ホール,3F) 15:50〜17:50
               座長:鈴木 浩一(電中研)
               (1)「リモートセンシング画像から観た2016年熊本地震の地盤変位と建物被害」
                   松岡 昌志(東京工業大学 環境・社会理工学院)
               (2)「進化計算によるブラックボックス最適化」
                   小野 功(東京工業大学 情報理工学院)

        交流会  東京工業大学すずかけ台キャンパス 大学会館・H1棟3階・ラウンジ
                                   18:00〜20:00

    11月10日(金)
        一般講演     第1会場 (H2棟,集会室1,2F)    9:50〜14:10
        一般講演     第2会場 (H2棟,集会室2,2F)    9:50〜14:10

    機器展示
        11月08日(水)   展示会場 (H1棟,ラウンジ,3F)   10:30〜18:20
        11月09日(木)   展示会場 (H1棟,ラウンジ,3F)    9:50〜19:40
        11月10日(金)   展示会場 (H1棟,ラウンジ,3F)    9:50〜13:50

    展示社(申込順)
        株式会社ジオファイブ, 株式会社テラ, スリーエス・オーシャンネットワーク有限会社
        アクト電子株式会社, 白山工業株式会社, 応用地質株式会社
        株式会社RSダイナミックス, ZZ Resistivity Imaging Pty. Ltd, 日本信号株式会社

    論文集冊子広告会社(申込順)
        川崎地質株式会社, 株式会社地球科学総合研究所, 株式会社物理計測コンサルタント
        伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

    参加申込(講演会) 事前登録は10月25日まで
      事前登録はこちら
        *クレジットカードによるオンライン決済が可能となりました.
         なお,手数料(350円)は利用者負担となります.
      講演会参加費(参加費は外税となりました)
       一般:7,560円(事前登録,税抜7,000),8,640円(会場登録,税抜8,000)
       学生:3,780円(事前登録,税抜3,500),4,320円(会場登録,税抜4,000)
        *講演論文集は冊子のみとなりました.CD-ROMは廃止いたしますが,
         論文集PDFを講演会終了後1週間を目処に,学会ホームページの
         学術講演会講演論文集公開システムで公開いたします.
       事前登録:講演論文集(冊子)を会場で配布
       会場登録:講演論文集(冊子)は希望者に有料頒布(1,080円(税抜1,000円).売切れ御免)
       (特別講演は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:5,400円(事前登録,税抜5,000),6,480円(会場登録,税抜6,000)
       学生:3,240円(事前登録,税抜3,000),3,240円(会場登録,税抜3,000)
      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩10分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)最優秀発表賞について
      (3)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (4)講演会プログラムのセッション名は目安としてお考えください.
      (5)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    謝辞
      本講演会開催に当たり公益財団法人横浜観光コンベンションビューロー殿より
      ご支援をいただいております(横浜観光情報はこちら


    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2017年10月02日 公開
2017年10月02日 特別セッション順番入替え、タイトル確定



会場案内

11月8日 第1会場

セッション [防災・地震1]
座長 廣岡 知(JX金属探開)
 
11月8日 10:30〜10:50 1) 地震動の影響による路面下空洞の発生について(鳥取県中部の地震を例として) [講演要旨]

○竹田 好晴・鴨下 智裕(応用地質)
11月8日 10:50〜11:10 2) 火山地域における重力異常アトリビュート [講演要旨]

○東中 基倫(地科研)
11月8日 11:10〜11:30 3) 日奈久断層帯海域部における超高分解能三次元地震探査(UHR3D)-データ取得- [講演要旨]

○菊地 秀邦・須田 茂幸(地科研),阿部 信太郎(産総研)
11月8日 11:30〜11:50 4) 日奈久断層帯海域部における超高分解能三次元地震探査(UHR3D) -データ処理- [講演要旨]

○猪野 滋・須田 茂幸・菊地 秀邦・大川 史郎(地科研),阿部 信太郎・大上 隆史・八木 雅俊・岡村 行信(産総研)
11月8日 11:50〜12:10 5) 海域広角反射法におけるリバースタイムマイグレーションと地震波干渉法の利用 [講演要旨]

○白石 和也(海洋研究開発機構)


セッション [防災・地震2]
座長 栗山 雅之(電中研)
 
11月8日 13:10〜13:30 6) Variability of nonlinear amplification in shallow soil models from surface-wave inversion using the Markov-chain Monte Carlo method [講演要旨]

○Saifuddin Saifuddin・山中 浩明(東工大大学院)
11月8日 13:30〜13:50 7) 微動アレイ観測に基づく2016年茨城県北部の地震(Mw5.9)の震源周辺の強震観測点における地下速度構造モデルの推定 [講演要旨]

○染井 一寛(地域地盤環境研),凌 甦群(ジオアナリシス研),宮腰 研・郭 雨佳(地域地盤環境研)
11月8日 13:50〜14:10 8) 極小微動アレイと表面波探査法による位相速度の比較: 極小微動アレイ短波長側の解析限界把握に向けて [講演要旨]

○長 郁夫・横田 俊之(産総研),稲崎 富士・尾西 恭亮(土木研)
11月8日 14:10〜14:30 9) ネパール・カトマンズで深部地盤探査の為のSPAC法の適用に際して記録された異常なコヒーレンス関数について [講演要旨]

Mukunda Bhattarai(NSC, DMG, Nepal),Dinesh Nepali・Santosh Dhakal・Suresh Shrestha(DMG, Nepal),○横井 俊明・拓己 林田(建築研国際地震工学センター)
11月8日 14:30〜14:50 10) 岩手大学で観測された3成分短周期微動記録の地震波干渉法解析の適用可能性 [講演要旨]

○山本 英和・平賀 柾人・齊藤 剛・金崎 慶次(岩手大学),佐藤 史佳(岩手大学大学院)


セッション [土木1]
座長 地元 孝輔(東工大)
 
11月8日 15:10〜15:30 11) ケーブルレスサイスモグラフを用いた直線微動アレイ探査(1) ‐道路沿いでの適用実験‐ [講演要旨]

○小西 千里・斎藤 秀樹・林 宏一(応用地質株式会社)
11月8日 15:30〜15:50 12) ケーブルレスサイスモグラフを用いた直線微動アレイ探査(2)-ニューオリンズの堤防調査に対する適用例- [講演要旨]

○林 宏一(応用地質株式会社),Lorenzo Juan(ルイジアナ州立大学),小西 千里(応用地質株式会社)
11月8日 15:50〜16:10 13) 表面波探査データに対するP/SV波反射法処理 [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛・尾西 恭亮(土木研究所)
11月8日 16:10〜16:30 14) トンネル内部からの上部地盤の宇宙線ミュー粒子探査の試み [講演要旨]

○草茅 太郎(川崎地質),片山 政弘(熊谷組),森島 邦博(名古屋大学),成田 浩司(サイエンスインパクト),鈴木 敬一・柘植 孝・金沢 淳(川崎地質),北川 暢子・西尾 晃・久野 光慧・眞部 祐太(名古屋大学)
11月8日 16:30〜16:50 15) 統合物理探査結果の物理モデルによる検証 [講演要旨]

○鈴木 敬一・金沢 淳(川崎地質)



11月8日 第2会場

セッション [環境他]
座長 長 郁夫(産総研)
 
11月8日 10:30〜10:50 31) 簡易計算による移動加振時と同位相加振時の地盤振動の比較 [講演要旨]

○野寄 真徳・横山 秀史(鉄道総合技術研究所)
11月8日 10:50〜11:10 32) 工事振動の観測とその伝播特性 [講演要旨]

○津野 靖士・野寄 真徳・横山 秀史(鉄道総研),岩田 裕一(東海旅客鉄道)
11月8日 11:10〜11:30 33) 大宰府蔵司地区の地中レーダ探査(2) [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭・岩本 鐘海(九州大学)
11月8日 11:30〜11:50 34) 英国浅海底CO2放出実験(QICS)における電気探査の解析 [講演要旨]

○海江田 秀志・鈴木 浩一(電中研),城森 明(ネオサイエンス)
11月8日 11:50〜12:10 35) 比抵抗法を用いた廃棄物埋立層内浸透流のモニタリングに関する検討 [講演要旨]

○楠山 永介・左 一洋・黒川 雅裕・香村 一夫(早大・理工)


セッション [資源探査1]
座長 羽佐田 葉子(大和探査)
 
11月8日 13:10〜13:30 36) 小型アクロスの解析手法の開発:効率的な貯留層マネージメントに向けて [講演要旨]

○永田 雄一郎・辻 健・池田 達紀・二宮 啓(九州大学),渡辺 俊樹・山岡 耕春(名古屋大学)
11月8日 13:30〜13:50 37) ケプストラムを使ったMT法データのコヒーレントノイズ除去 [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
11月8日 13:50〜14:10 38) Hydrate and Gas reservoirs in the Kumano Forearc Basin of the Nankai Trough: Insights from Automatic Seismic Velocity Picking [講演要旨]

○CHHUN CHANMALY(九州大学大学院),Kioka Arata(インスブルック大学),Jia Jihui(九州大学I2CNER),辻 健(九州大学大学院)
11月8日 14:10〜14:30 39) 天北西方沖サイトサーベイにおけるエアガン音波探査データ処理の最適化による結果改善について [講演要旨]

○佐藤 誉司(総合地質調査),峯岸 政人(三井石油開発),武田 伸勝(総合地質調査)
11月8日 14:30〜14:50 40) 広帯域地震探査による不均質速度構造推定と深度イメージングの高精度化 [講演要旨]

○阿部 進(石油資源開発),新部 貴夫(地球科学総合研),佐藤 比呂志・石山 達也(東大地震研)


セッション [資源探査2]
座長 阿部 進(石油資源開発)
 
11月8日 15:10〜15:30 41) 海底熱水活動域岩石サンプルの電気比抵抗特性と鉱物種との関連性 [講演要旨]

○大田 優介・後藤 忠徳・小池 克明・柏谷 公希・林 為人(京都大学),多田井 修(マリンワークジャパン),笠谷 貴史・金松 敏也・町山 栄章(海洋研究開発機構)
11月8日 15:30〜15:50 42) 対称送信源を利用した電磁法 [講演要旨]

鳥羽 浩史・羽佐田 葉子・内藤 好裕・世森 祐一・○奥住 宏一(大和探査技術(株))
11月8日 15:50〜16:10 43) 非負値行列因子分析を用いた地磁気応答関数の安定性評価 [講演要旨]

○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工学研)
11月8日 16:10〜16:30 44) 3D Reservoir Characterization in Heterogeneous Sand [講演要旨]

Ismail Atif(ラホール工科大学),○Qamar Yasin・Du Qizhen(中国石油大学(華東))
11月8日 16:30〜16:50 45) S-wave velocity estimation in heterogeneous Gas sands Reservoir [講演要旨]

○Abid Muhammad・Geng Jianhua(同済大学(上海)),Yasin Qamar(中国石油大学(華東))



11月8日 第3会場

セッション [ポスター1]
座長 堀田 淳(株式会社ジオテック)
 
11月8日 16:50〜18:20 P-1) 横須賀市における重力探査 −三浦半島断層群付近の地下構造の推定− [講演要旨]

○江戸 将寿・馬塲 久紀(東海大・院・海洋学研),大熊 茂雄・住田 達哉・宮川 歩夢(産総研)
11月8日 16:50〜18:20 P-2) 模擬堤防における二次元比抵抗モニタリング [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所)
11月8日 16:50〜18:20 P-3) 深部坑井データを用いた下北半島横断広域反射法データの再解析 [講演要旨]

○佐藤 秀幸(原子力規制庁)
11月8日 16:50〜18:20 P-4) 北大東島における深部地盤S波速度構造探査 [講演要旨]

○山田 伸之(高知大),竹中 博士(岡山大)


セッション [ポスター2]
座長 程塚 保行(株式会社地球科学技術研究所)
 
11月8日 16:50〜18:20 P-5) 粒子群最適化を用いた海洋TEM法の逆解析プログラムの開発 [講演要旨]

○那川 涼輔・水永 秀樹(九大大学院)
11月8日 16:50〜18:20 P-6) 海洋TEM探査装置開発に向けた1Dシミュレーション [講演要旨]

○星野 剛右・田中 俊昭・水永 秀樹(九州大学)
11月8日 16:50〜18:20 P-7) 2-D Inversion of Electrical Resistivity Data from Aynak Copper Deposits, Aynak, Afghanistan [講演要旨]

○ワハブ シャフィクラ・水永 秀樹(九州大学大学院)
11月8日 16:50〜18:20 P-8) マルチチャンネル地中レーダの異なる走査記録間の整合処理 [講演要旨]

○尾西 恭亮・小河原 敬徳・木佐貫 寛・稲崎 富士(土木研究所)
11月8日 16:50〜18:20 P-9) 水晶振動子による加速度計の感度に関する基礎的検討 [講演要旨]

松田 滋夫(クローバテック(株)),中仙道 和之(セイコーエプソン(株)),○盛川 仁・飯山 かほり(東工大)



11月9日 第1会場

セッション [防災・地震3]
座長 宮腰 研(地域地盤環境研)
 
11月9日 9:50〜10:10 16) 屈折法地震探査データを用いた波形逆解析による表層地盤の2次元S波速度構造の推定 [講演要旨]

○笠松 健太郎(鹿島技術研究所),山中 浩明(東工大)
11月9日 10:10〜10:30 17) 神城断層の堀之内地区トレンチ近傍における単点微動観測 [講演要旨]

○栗山 雅之・佐藤 浩章(電中研),隈元 崇(岡山大・院)
11月9日 10:30〜10:50 18) トルコ・エスキシェヒル盆地の強震観測点での浅部・深部地盤のモデル化 [講演要旨]

○山中 浩明(東工大),ツナ オズメン・チェキン ウルベイ・アキフ アルカン(AFAD),地元 孝輔(東工大),ムアマー ツーン・エムラー ペッカン(アナドル大)
11月9日 10:50〜11:10 19) 電気探査・地中ラドンガス探査によって検出された活断層沿いの大規模亀裂:花折断層の例 [講演要旨]

○後藤 忠徳・小池 克明・柏谷 公希・北村 将悟・久保 大樹(京都大学工学研究科)
11月9日 11:10〜11:30 20) 微動アレイ探査によるK-NET倉吉における地盤構造の推定 [講演要旨]

○佐藤 浩章・東 貞成・芝 良昭・鈴木 恭平・栗山 雅之(電力中央研究所)



11月9日 第2会場

セッション [資源探査3]
座長 東中 基倫(地科研)
 
11月9日 9:30〜9:50 46) An Intelligent Approach for-Shale Volume Assessment from Conventional Well logs [講演要旨]

○Abid Muhammad(同済大学海洋与地球科学学院),Yasin Qamar(中国石油大学(華東)),Hussain Hamid(武漢大学測絵学院)
11月9日 9:50〜10:10 47) MTデータ逆解析における比抵抗構造信頼度の定量的評価の試み [講演要旨]

○小路 久稔・後藤 忠徳(京都大学)
11月9日 10:10〜10:30 48) Broadband frequency response of dispersion and attenuation of P-wave and S-wave in partially frozen brine and unconsolidated sands: a rock physics study [講演要旨]

○ 林森・松島 潤(東大・院・工学研)
11月9日 10:30〜10:50 49) 幾何的発散が音波検層波形を用いた減衰解析に及ぼす影響について [講演要旨]

○松島 潤(東大・院・工学系),アリ モハメド・ブチャラ ファテ(アブダビ石油大学)
11月9日 10:50〜11:10 50) Brittleness Prediction based on Rock's Properties- Application to Sembar shale [講演要旨]

○Qamar Yasin・Du Qizhen(中国石油大学(華東)),Ismail Atif(UET(パキスタン)),Abid Muhammad(同済大学海洋与地球科学学院)
11月9日 11:10〜11:30 51) Brittleness Prediction based on Mechanical Properties: Application to Longmaxi shale [講演要旨]

○Qamar Yasin・Du Qizhen(中国石油大学(華東)),Sohail Ghulam M.・Hawkes Christopher(カナダ サスカトゥーン大学)



11月9日 第4会場

セッション [特別セッション:地震災害軽減に貢献する物理探査]
座長 大熊 茂雄(産業技術総合研究所)
 
11月9日 12:30〜15:30 62) 社会インフラ施設の地震レジリエンス強化のための浅部地盤調査の役割 [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛・尾西 恭亮(国立研究開発法人土木研究所)
11月9日 12:30〜15:30 63) 電気・電磁探査法の地震防災分野への適用性について [講演要旨]

○鈴木 浩一(電力中央研究所)
11月9日 12:30〜15:30 64) 反射法・屈折法による平野部調査 ー堆積平野地下構造調査のレビューー [講演要旨]

○川崎 慎治(地球科学総合研究所)
11月9日 12:30〜15:30 65) 広帯域地震動評価のための地下構造モデル作成の考え方について [講演要旨]

○山中 浩明(東京工業大学),東野 陽子(文部科学省),藤原 広行・先名 重樹(防災科研)
11月9日 12:30〜15:30 66) 速度構造作成のための大分県域における微動観測 [講演要旨]

○吉見 雅行(産業技術総合研究所),別府ー万年山重点実施グループ  
11月9日 12:30〜15:30 67) 地震被害推定のための浅部・深部統合地盤構造モデルの構築 [講演要旨]

○先名 重樹・若井 淳・神 薫・前田 宜浩(防災科研),松山 尚典(応用地質),藤原 広行(防災科研)



11月10日 第1会場

セッション [土木2]
座長 山下 善弘(応用地質)
 
11月10日 9:50〜10:10 21) 直線アレイの微動記録を用いた地震波干渉法解析による浅部S波速度構造の推定 [講演要旨]

○山内 泰知・杉本 芳博(ダイヤコンサルタント),吉見 雅行(産総研),杉山 長志
11月10日 10:10〜10:30 22) 気圧変動に伴う岩盤タンク周辺の傾斜応答と空洞の安定性評価 [講演要旨]

○廣岡 知(JX金属探開株式会社),城代 邦宏(日本地下石油備蓄株式会社),冨田 敦紀(石油天然ガス・金属鉱物資源機構),保田 尚俊・塚田 和彦・小池 克明(京都大学)
11月10日 10:30〜10:50 23) ハイパーカミオカンデ建設候補地選定のための三次元弾性波探査と岩質評価(その1) [講演要旨]

○廣岡 知(JX金属探開),堀之口 賢治(三井金属資源開発),木村 修司(神岡鉱業),田中 荘一・松岡 俊文・高橋 亨(深田地質研究所),塩澤 眞人・中山 祥英・田中 秀和(東京大学宇宙線研究所),山冨 二郎(東京大学)
11月10日 10:50〜11:10 24) 岩石の圧縮強度と弾性波速度の関係についての再考 [講演要旨]

○高橋 亨(深田地質研究所)
11月10日 11:10〜11:30 25) 最表層が高速層となる場合の表面波分散 [講演要旨]

○西澤 修・稲崎 富士(土木研究所),齊藤 竜彦(防災科研)


セッション [土木3]
座長 尾西 恭亮(土木研究所)
 
11月10日 12:30〜12:50 26) TS計測による位置・形状を利用した樹木診断のための地中レーダ [講演要旨]

○青池 邦夫・高橋 一徳・梶野 健・芦葉 弥生・石澤 伸彰(応用地質株式会社)
11月10日 12:50〜13:10 27) 表面波探査のデータ取得時における可探深度の簡易判定 [講演要旨]

○羽佐田 葉子・池上 浩平・内藤 好裕(大和探査)
11月10日 13:10〜13:30 28) 共振現象を利用したグラウンドアンカー残存引張り力の非破壊評価法 [講演要旨]

○斎藤 秀樹・青池 邦夫(応用地質),八嶋 厚(岐阜大),山崎 充(中日本ハイウェイ・エンジ名古屋),曽根 好徳(名古屋大)
11月10日 13:30〜13:50 29) Toward quantitative estimation of hydraulic permeability in a fractured rock mass using a stochastic rock-physics model and geophysical constraints [講演要旨]

○呉 尽(京大・院・工学研)
11月10日 13:50〜14:10 30) 物理探査による3次元物性モデルのCIMでの利用のためのワークフロー検討 [講演要旨]

○山下 善弘・小西 千里・青池 邦夫・高橋 一徳・斎藤 秀樹・島 裕雅(応用地質)



11月10日 第2会場

セッション [地熱]
座長 海江田 秀志(電中研)
 
11月10日 9:50〜10:10 52) Investigation on passive imaging methods of geothermal reservoirs by using the microseismic event [講演要旨]

○易 利・岡本 京祐・浅沼 宏(産総研)
11月10日 10:10〜10:30 53) ニューラルクリギングを用いた比抵抗データからの葛根田地熱地域の温度構造の推定 [講演要旨]

○石塚 師也・茂木 透(北大・院・工学研),菅野 倖大郎(北海道電力),山谷 祐介・内田 利弘(産総研),梶原 竜哉(地熱エンジニアリング)
11月10日 10:30〜10:50 54) 表面波探査による内牧温泉地域の地質構造:熊本地震で生じた水平変動のメカニズムの解明に向けて [講演要旨]

○盒 宏佑・二宮 啓・永田 雄一郎・末本 雄大・池田 達紀・辻 健(九州大学),林 宏一(ジオメトリクス)
11月10日 10:50〜11:10 55) 震源クラスタ解析と散乱波解析による地熱貯留層への涵養注水時の微小地震発生要因の考察 [講演要旨]

○岡本 京祐・易 利・浅沼 宏(産総研)
11月10日 11:10〜11:30 56) 水平重力勾配重合(HGGS)法表層密度推定(その2) [講演要旨]

○水谷 滋樹(川崎地質株式会社)


セッション [防災・地震4]
座長 佐藤 浩章(電力中央研究所)
 
11月10日 12:30〜12:50 57) 熊本平野南北測線における表層地盤が地震動特性に与える影響 [講演要旨]

○是永 将宏・津野 靖士(鉄道総研),山中 浩明・地元 孝輔(東工大・院・総合理工),山田 伸之(高知大・教育研),岡本 京祐(産総研)
11月10日 12:50〜13:10 58) 北摂地域で実施した構造調査と地震観測 (その1)微動アレイ観測から推定した地下構造 [講演要旨]

○宮腰 研・西村 利光(地域地盤環境研),津野 靖士・是永 将宏(鉄道総合技術研)
11月10日 13:10〜13:30 59) 北摂地域で実施した構造調査と地震観測 (その2)地震観測から評価した地盤震動特性 [講演要旨]

○津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),岡本 京祐(産総研)
11月10日 13:30〜13:50 60) 微動アレイ記録から求めた回転成分によるラブ波位相速度の推定 [講演要旨]

○吉田 邦一(地盤研),上林 宏敏(京大原子炉)
11月10日 13:50〜14:10 61) 臨時地震観測による足柄平野西端部から中央部の地盤震動特性の評価 [講演要旨]

○地元 孝輔(東工大),津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),山中 浩明(東工大),三宅 弘恵(東大),高井 伸雄(北大),神野 達夫・重藤 迪子(九大)



< 閉じる >