印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第138回(平成30年度春季)学術講演会

公益社団法人 物理探査学会
第138回(平成30年度春季)学術講演会


            会期  平成30年5月27日(日),28日(月),29日(火)
            会場  早稲田大学 国際会議場(早稲田キャンパス)
                  東京都新宿区西早稲田1-20-14 事務室電話:03-5286-1755
    5月27日(日)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:30〜17:10
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:30〜17:10
        ポスターセッション    第3会場  (第3会議室(1),3F)    17:10〜18:40

    5月28日(月)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:00〜12:00
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:00〜12:00
        物理探査学会70周年記念行事
         記念式典    井深記念ホール,1F        13:30〜14:20
         記念講演    井深記念ホール,1F        14:30〜17:30
             座長:鈴木 浩一(電中研)
               (1)「兵庫県南部地震から熊本地震まで:活断層・内陸地震研究の進展と課題」
                   遠田 晋次(東北大学 災害科学国際研究所 教授)
               (2)「パリ協定時代の地球温暖化対策」
                   上野 貴弘(電力中央研究所 社会経済研究所 主任研究員)
               (3)「しなやかな物理探査〜物理探査学会創立70周年記念に寄せて」
                   鈴木 敬一(川崎地質株式会社 戦略技術本部)

         祝賀会  リーガロイヤルホテル東京
                    (3F、ロイヤルホールII)  18:00〜20:00


    5月29日(火)
        総会       第1会場  (第1会議室,3F)     9:30〜11:40
        学会賞受賞講演  第1会場  (第1会議室,3F)     11:50〜12:50

        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     13:50〜15:30
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     13:50〜15:30
        地盤探査研究会セッション(無料公開セッション)
                 第2会場  (第2会議室,3F)     15:40〜17:10


    機器展示・ポスター展示
        5月27日(日)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:30〜18:40
        5月28日(月)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:00〜12:00
        5月29日(火)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   12:00〜16:00

    展示社(申込順)
        ZZ Resistivity Imaging Pty. Ltd, (株)テラ, 白山工業(株)
        Guideline Geo AB, (株)ジオファイブ, アクト電子(株)
        応用地質(株), QTEQ PTY LTD, (株)RSダイナミックス


    論文集冊子広告会社(申込順)
        (株)地球科学総合研究所, 川崎地質(株), (株)物理計測コンサルタント
        伊藤忠テクノソリューションズ(株)

    参加申込(講演会・祝賀会) 事前登録は5月13日まで
      事前登録はこちら
        *クレジットカードによるオンライン決済が可能となりました.
         なお,手数料(350円)は利用者負担となります.
      講演会参加費(参加費は外税となりました)
       一般:7,560円(事前登録,税抜7,000),8,640円(会場登録,税抜8,000)
       学生:3,780円(事前登録,税抜3,500),4,320円(会場登録,税抜4,000)
        *講演論文集は冊子のみとなりました.CD-ROMは廃止いたしましたが,
         論文集PDFを講演会終了後1週間を目処に,学会ホームページの
         学術講演会講演論文集公開システムで公開いたします.
       事前登録:講演論文集(冊子)を会場で配布
       会場登録:講演論文集(冊子)は希望者に有料頒布(1,620円(税抜1,500円).売切れ御免)
       (70周年記念行事、地盤探査研究会セッションは参加費不要で一般の方にも公開)
      祝賀会参加費
       一般:10,800円(事前登録,税抜10,000),11,880円(会場登録,税抜11,000)
       学生:3,240円(事前登録,税抜3,000),3,240円(会場登録,税抜3,000)

      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)最優秀発表賞について
      (3)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (4)講演会プログラムのセッション名は目安としてお考えください.
      (5)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2018年4月23日 公開



会場案内

5月27日 第1会場

セッション [土木1]
座長 今吉 隆(阪神コンサルタンツ)
 
5月27日 10:30〜10:50 1) 「HD(高精細)トモグラフィ」の導入と適用例 [講演要旨]

○佐藤 礼・山田 信人・土家 輝光(日本地下探査),Barnes Christophe(セルジー・ポントワーズ大学)
5月27日 10:50〜11:10 2) トンネルトモグラフィ配置における弾性フルウェーブインバージョンの数値検討 [講演要旨]

○山田 信人・佐藤 礼・土家 輝光(日本地下探査),桑原 徹・奥澤 康一(大林組)
5月27日 11:10〜11:30 3) 比抵抗とP波速度によるトンネルの漏水を生じさせやすい地質性状の検出の試み [講演要旨]

○岡 健治・山崎 秀策・倉橋 稔幸(寒地土木研究所),稲崎 富士(土木研究所),丹羽 廣海(フジタ),竹内 睦雄・出雲谷 聡(早大理工)
5月27日 11:30〜11:50 4) 非接触舗装路物性計測システムの開発(その4):函体の遮音性の改良と実用化 [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛(土木研究所),今村 杉夫(CTGK),林 宏一(応用地質)
5月27日 11:50〜12:10 5) Confirmation of physical quantity of DAS (Distributed Acoustic Sensor) measurements in comparison to seismometers [講演要旨]

○羽佐田 葉子(大和探査),笠原 順三(エンジニアリング協会),川島 裕貴・杉本 芳博・山内 泰知(ダイヤコンサルタント),山口 隆志(エンジニアリング協会),窪田 健二(電中研)


セッション [堤防]
座長 池田 達紀(九大)
 
5月27日 13:10〜13:30 6) 小型模擬堤防での越水実験に伴う3次元比抵抗モニタリング [講演要旨]

○山下 善弘・小林 剛・斎藤 秀樹(応用地質),杉井 俊夫(中部大学),小高 猛司(名城大学),前田 健一(名古屋工業大学),崔 瑛(横浜国立大学)
5月27日 13:30〜13:50 7) 光ファイバーを用いた分布型音響センシングによる表面波の観測 [講演要旨]

○尾西 恭亮・稲崎 富士・西澤 修(土木研究所)
5月27日 13:50〜14:10 8) 人工震源と微動を震源として用いたDASによる表面波解析 [講演要旨]

○山内 泰知(ダイヤコンサルタント),笠原 順三(エンジニアリング協会),羽佐田 葉子(大和探査技術株式会社),川島 裕貴・杉本 芳博(ダイヤコンサルタント),山口 隆志(エンジニアリング協会),窪田 健二(電力中央研究所)
5月27日 14:10〜14:30 9) 模擬堤防における基盤浸透過程のモニタリング [講演要旨]

○木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士・尾西 恭亮(土木研究所)
5月27日 14:30〜14:50 10) 地震計アレーとしての光ファイバーDAS(分布型音響センサー)の評価 [講演要旨]

○笠原 順三・山口 隆志(エンジニアリング協会),杉本 芳博・川島 裕貴・山内 泰知(ダイヤコンサルタント),羽佐田 葉子(大和探査),窪田 健二(電力中央研究所)
5月27日 14:50〜15:10 11) アレー地震計を用いた降雨による浅層の時間変化の観測 [講演要旨]

○笠原 順三(エンジニアリング協会),羽佐田 葉子(大和探査),杉本 芳博・川島 裕貴・山内 泰知(ダイヤコンサルテリング),山口 隆志(エンジニアリング協会),窪田 健二(電力中央研究所)


セッション [土木2]
座長 岡崎 健治(寒地土木研究所)
 
5月27日 15:30〜15:50 12) 物理探査データに基づく花崗岩岩盤の透水性推定の試み [講演要旨]

○川口 草太・後藤 忠徳・小池 克明・柏谷 公希(京大・院・工学研)
5月27日 15:50〜16:10 13) Toward quantitative estimation of hydraulic permeability in a fractured rock mass using a conditioning discrete fracture network with electrical constraints [講演要旨]

○呉 尽・後藤 忠徳(京大・院・工学研)
5月27日 16:10〜16:30 14) 水平坑道掘削に伴う掘削影響領域の調査−幌延深地層研究施設における検討− [講演要旨]

○窪田 健二(電中研),青柳 和平・杉田 裕(原子力機構)
5月27日 16:30〜16:50 15) 高周波交流電気探査による老朽水道管の更新優先度調査技術 [講演要旨]

○神宮司 元治(産総研),狩野 嘉昭(ジオライト),横田 俊之(産総研)
5月27日 16:50〜17:10 16) 地中レーダによる九州大学箱崎キャンパスの元寇防塁探査 [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭・清元 陽介(九州大学)



5月27日 第2会場

セッション [資源探査1]
座長 新部 貴夫(地科研)
 
5月27日 10:30〜10:50 28) 小型連続震源装置を用いた月極域における氷層探査手法の開発 [講演要旨]

○永田 雄一郎・辻 健(九州大学),川村 太一(国立天文台),新谷 昌人(東京大学),石原 吉明(宇宙科学研究所),小川 和律(神戸大学),小林 泰三(立命館大学),唐牛 譲・田中 智(宇宙科学研究所),相澤 隆生(サンコーコンサルタント株式会社)
5月27日 10:50〜11:10 29) 3次元X線CTにより得られたデジタルコア試料における3次元波動伝播シミュレーション [講演要旨]

○松島 潤(東大・院・工学研),アリ モハメド・ブチャラ ファテ(アブダビ石油大学)
5月27日 11:10〜11:30 30) 地震波干渉法による日本列島の地殻内部変動モニタリング:弾性波速度の時空間変化とそのメカニズム [講演要旨]

○辻 健・二宮 啓・池田 達紀(九州大学)
5月27日 11:30〜11:50 31) CO2地中貯留国際規格(ISO)の開発 [講演要旨]

○東 宏幸(RITE),楠瀬 勤一郎(産総研),青木 好範(RITE),松岡 俊文(深田研),ISO/TC265 国内貯留WG
5月27日 11:50〜12:10 32) マルチコプターを用いた地表ソース型空中電磁探査(GREATEM)装置の開発 [講演要旨]

○城森 明・城森 敦善・近藤 隆資(ネオサイエンス),結城 洋一(応用地質),川瀬 光夫(宮崎水道コンサルタント)


セッション [資源探査2]
座長 神宮司 元治(産総研)
 
5月27日 13:10〜13:30 33) 非負値行列因子分析を用いた磁場変動データ解析法の改良 [講演要旨]

○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工・地殻環境工学)
5月27日 13:30〜13:50 34) 経験的モード分解を用いた時系列MT法データの処理 [講演要旨]

○水永 秀樹(九州大学)
5月27日 13:50〜14:10 35) MT法3次元インバージョンにおけるハイブリッドソルバーの必要性 [講演要旨]

○根木 健之・岸本 宗丸(日鉄鉱コンサルタント)
5月27日 14:10〜14:30 36) 第二回メタンハイドレート海洋産出試験における繰り返し三次元地震探査 [講演要旨]

○寺西 陽祐・稲盛 隆穂(地科研),小林 稔明・藤井 哲哉・佐伯 龍男(JOGMEC)
5月27日 14:30〜14:50 37) 超高分解能三次元海上地震探査システム”P-Cable”の特徴と適用例 − 石油探査およびガスハイドレート、断層、CCS調査への適用 [講演要旨]

○島 裕雅(応用地質株式会社),Larry Scott・Brandon Mattox・Eddie Majzlik(NCS Subsea Inc.),Frode Eriksen(NCS P-Cable 3D)


セッション [防災1]
座長 山内 泰知(ダイヤコンサルタント)
 
5月27日 15:30〜15:50 38) 千葉県印西市における2重リニアアレイで観測された常時微動記録に対するチェーンアレイ解析と地震波干渉法解析 [講演要旨]

○萬谷 良平・山本 英和(岩手大学),大西 正純・渡部 勉・小池 太郎(株式会社ジオシス)
5月27日 15:50〜16:10 39) 屈折及び反射地震トモグラフィの適用性に関する予備検討 [講演要旨]

○今吉 隆(阪神コンサルタンツ)
5月27日 16:10〜16:30 40) 浅部2次元S波速度構造推定を目的としたリニアアレイで観測された短周期微動の地震波干渉法解析―盛岡市内における試み― [講演要旨]

○山本 英和・荒井 貴紀(岩手大学),齊藤 剛(岩手大学理工学部)
5月27日 16:30〜16:50 41) 岩手県のHi-net観測点で観測された常時微動の地震波干渉法解析による群速度の推定 [講演要旨]

○山本 英和・鈴木 舞・齊藤 剛(岩手大学)
5月27日 16:50〜17:10 42) 10〜100Hz領域における表面波リーケージモードの計算 [講演要旨]

○西澤 修(土木研究所),齊藤 竜彦(防災科研),稲崎 富士(土木研究所)



5月27日 第3会場

セッション [ポスター]
座長 中里裕臣(農研機構)
 
5月27日 17:10〜18:40 P-1) MT法時系列データ解析への連続ウェーブレット変換の導入に関する一考察 [講演要旨]

○小川 大輝・浅森 浩一(原子力機構),濱 友紀(日鉄鉱業)
5月27日 17:10〜18:40 P-2) 流体流動電磁法の測定器開発と注水モニタリング実験 [講演要旨]

○星野 剛右・岡本 駿一・田中 俊昭・水永 秀樹(九州大学),窪田 健二・鈴木 浩一・海江田 秀志(電中研)
5月27日 17:10〜18:40 P-3) 谷埋め廃棄物埋立層内メタル濃集ゾーンの把握に対する電気探査IP法の有効性について [講演要旨]

○左 一洋・楠山 永介・香村 一夫(早大・理工)
5月27日 17:10〜18:40 P-4) 干渉SAR解析による新島・式根島の地表変動に関する研究 [講演要旨]

○門脇 謙司(首都大学東京(現 応用地質)),小田 義也(首都大学東京・都市環境)
5月27日 17:10〜18:40 P-5) 2016年熊本地震において長周期地震動が記録された強震観測点における微動アレイ探査 [講演要旨]

○五通 康形・井島 彰伽・上薗 周平・寄井田 恭佑・重藤 廸子・神野 達夫(九州大学)
5月27日 17:10〜18:40 P-6) 干渉SAR解析による神津島の地殻変動に関する研究 [講演要旨]

○上原 航(首都大学東京)
5月27日 17:10〜18:40 P-7) 北摂地域で実施した単点微動観測調査 [講演要旨]

○津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),地元 孝輔・山中 浩明(東工大)
5月27日 17:10〜18:40 P-8) スクウェア配置比抵抗法による地盤の比抵抗測定における改良杭施工の影響 [講演要旨]

○田中 俊昭・水永 秀樹(九大院・工),大久保 博晃・財部 繁久(ワイビーエム)



5月28日 第1会場

セッション [土木3・防災2]
座長 杉本 恒美(桐蔭横浜大院)
 
5月28日 10:00〜10:20 17) 周回道路内での微動アレイ探査実験:微動の到来方向と推定速度構造に関する検討 [講演要旨]

○小西 千里・斎藤 秀樹・林 宏一・小林 貴幸(応用地質株式会社),木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士(土木研究所)
5月28日 10:20〜10:40 18) 周回道路内におけるハイブリッド表面波探査 [講演要旨]

○木佐貫 寛・稲崎 富士・小河原 敬徳(土木研究所),小西 千里・斎藤 秀樹・林 宏一・小林 貴幸(応用地質)
5月28日 10:40〜11:00 19) 周回道路内での微動アレイ探査による3次元S波速度構造の推定 [講演要旨]

○小林 貴幸・小西 千里・斎藤 秀樹・林 宏一(応用地質株式会社),木佐貫 寛・小河原 敬徳・稲崎 富士(土木研究所)
5月28日 11:00〜11:20 20) 時系列電気探査観測データにおける見掛け比抵抗変化率断面図とは何か [講演要旨]

○井上 誠(地球情報・技術研究所)
5月28日 11:20〜11:40 21) 二次元および三次元常時微動トモグラフィの開発と適用例 [講演要旨]

○林 宏一・小西 千里(応用地質),Falkenstein Kent(Geometrics),Craig Mitch(CSU East Bay),Wong Leong Toh(PGS),鈴木 晴彦・劉 瑛・田原 道崇(応用地質)
5月28日 11:40〜12:00 22) 人道的地雷除去用センサALIS [講演要旨]

○佐藤 源之・菊田 和孝(東北大学)



5月28日 第2会場

セッション [地熱]
座長 辻 健(九州大学)
 
5月28日 10:00〜10:20 43) 山岳地域における準3次元弾性波探査データの反射法処理及びイメージング−鬼首地熱地域での事例− [講演要旨]

○新部 貴夫・佐藤 馨・青木 直史(地科研),毛利 拓治(JOGMEC)
5月28日 10:20〜10:40 44) 3次元屈折トモグラフィ解析の初期モデルランダム化手法の適用とその評価法の検討-鬼首地熱地域の準3次元弾性波探査での事例- [講演要旨]

○新部 貴夫・青木 直史(地科研),毛利 拓治(JOGMEC)
5月28日 10:40〜11:00 45) Tipperを用いた地熱地域の地下比抵抗構造逆解析の試み [講演要旨]

○山田 勇次・後藤 忠徳(京大・院・工学研)
5月28日 11:00〜11:20 46) 水平重力勾配重合(HGGS)法表層密度推定(その3) [講演要旨]

○水谷 滋樹(川崎地質)
5月28日 11:20〜11:40 47) フルウエーブインバージョンによる超臨界地熱貯留層のイメジング [講演要旨]

○笠原 順三(エンジニアリング協会),羽佐田 葉子(大和探査),山口 隆志(エンジニアリング協会)
5月28日 11:40〜12:00 48) 超臨界地熱貯留層の時間変化モニタリングに対する地震学的タイムラプス [講演要旨]

○笠原 順三(エンジニアリング協会),羽佐田 葉子(大和探査),山口 隆志(エンジニアリング協会),三ケ田 均(京都大学工学研究科),高市 和義(伊藤忠テクノソリューションズ)



5月29日 第1会場

セッション [構造物・遺跡]
座長 山田 信人(日本地下探査)
 
5月29日 13:50〜14:10 23) 稠密地中レーダによる地形・形状を考慮した古墳の3次元イメージング [講演要旨]

○青池 邦夫(応用地質),田北 廣・木 康弘・井形 秀一・松山 建(八洲開発),村 孝宏(熊本県文化課),坂口 圭太郎(熊本県立装飾古墳館)
5月29日 14:10〜14:30 24) 掘削発破を起振源とした弾性波トモグラフィよる地表弾性波探査結果の逐次追加解析の適用例:独立型微動観測装置(Atom)を用いた測定システムの性能と追加解析の効果 [講演要旨]

○今村 杉夫(4Dジオテック(同)),北 高穂((有)TK海陸調査事務所),林 宏一(応用地質(株)),佐藤 慎(モニー物探(株)),田中 裕(関西電力(株)),籾山 雅彦((株)安藤・間)
5月29日 14:30〜14:50 25) 切羽での掘削発破を起振源とするトンネル前方探査における切羽前方速度推定手法の簡略化 [講演要旨]

○今村 杉夫(4Dジオテック(同)),山本 浩之・中谷 匡志((株)安藤・間)
5月29日 14:50〜15:10 26) 音源搭載型UAVを用いた非接触音響探査法による外壁検査に関する検討 [講演要旨]

○杉本 恒美・杉本 和子・上地 樹(桐蔭横浜大院),歌川 紀之・黒田 千歳(佐藤工業)
5月29日 15:10〜15:30 27) グラウンドアンカー残存引張り力の非破壊評価方法に関する実験的検討 [講演要旨]

○斎藤 秀樹・青池 邦夫・高橋 一徳(応用地質),八嶋 厚(岐阜大学),山崎 充(中日本ハイウェイ・エンジニアリ),曽根 好徳(名古屋大学)



5月29日 第2会場

セッション [地震・防災3]
座長 林 宏一(応用地質)
 
5月29日 13:50〜14:10 49) 人工震源を用いた地震探査データに対する表面波位相速度トモグラフィによる浅部速度構造の推定 [講演要旨]

○池田 達紀・辻 健(九大)
5月29日 14:10〜14:30 50) 雑微動を用いた表面波トモグラフィ解析―日本全域の三次元表面波位相速度の推定 [講演要旨]

○二宮 啓・池田 達紀・辻 健(九大)
5月29日 14:30〜14:50 51) トルコ・エスキシェヒル盆地の地盤探査と建物振動計測 [講演要旨]

○山中 浩明・地元 孝輔(東工大),高井 伸雄(北大),三宅 弘恵(東大地震研),津野 靖士(鉄道総合技術研究所),セチキン チタク(JAMSTEC),オウズ オゼル(イスタンブール大)
5月29日 14:50〜15:10 52) 新潟県小千谷市における微動アレイと連続微動観測によるS波速度構造モデルの推定 [講演要旨]

○地元 孝輔(東工大),笠松 健太郎(鹿島),山中 浩明(東工大)
5月29日 15:10〜15:30 53) 模擬微動アレイ記録の回転成分から求めた位相速度とその推定可能帯域 [講演要旨]

○吉田 邦一(地域地盤環境研),上林 宏敏(京大・原子炉)



< 閉じる >