印刷(Windows/InternetExplorerでのみ動作確認済)

社団法人 物理探査学会 第140回(2019年度春季)学術講演会

公益社団法人 物理探査学会
第140回(2019年度春季)学術講演会


            会期  2019年6月3日(月),4日(火),5日(水)
            会場  早稲田大学 国際会議場(早稲田キャンパス)
                  東京都新宿区西早稲田1-20-14 事務室電話:03-5286-1755
    6月3日(月)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:30〜17:10
        一般講演     第2会場  (第2会議室,3F)     10:30〜17:10
        ポスターセッション    第3会場  (第3会議室(1),3F)    17:10〜18:40

    6月4日(火)
        総会       第1会場  (第1会議室,3F)     9:30〜11:20
        学会賞受賞講演  第1会場  (第1会議室,3F)     11:30〜12:30
        日本の物理探鉱(探査)100周年記念
         記念講演    井深記念ホール,1F        13:30〜15:50
             座長:渡辺 俊樹(名古屋大学大学院教授)
               (1)総論:「最初の物理探査と地震波動の数値シミュレーション」
                   佐々 宏一(京都大学名誉教授、一般財団法人地球システム総合研究所)
               (2)「明治時代,地質学的論争の陰に埋もれた日本最初(?)の磁気探査」
                   大熊 茂雄(物理探査学会会長、国立研究開発法人産業技術総合研究所)
               (3)「電気探査のこれまでとこれから」
                   竹内 睦雄(一般社団法人省力型3次元地中可視化協会、
                         元農村工学研究所)
               (4)「日本の電磁探査の歩み」
                   斎藤 章(早稲田大学名誉教授)
               (5)「日本の地震探査100年の歩み」
                   太田 陽一(元石油資源開発株式会社)

         特別講演    井深記念ホール,1F        16:10〜17:30
             座長:黒田 清一郎(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構上級研究員)
               (1)「地下可視化技術の社会への貢献について
                      〜物理探査〜 災害大国に生きる日本人により身近に!」
                   鈴木 浩一(北海道大学大学院特任教授)
               (2)「ブラタモリの危機感
                      〜「NHK、疲れるわぁ〜」と言われないための努力と工夫〜」
                   林 幹雄(日本放送協会制作局
                        第2制作センター エンターテインメント番組部 チーフ・プロデューサー)

        交流会      大隈会館 楠亭(なんてい,1F)    18:00〜20:00

    6月5日(水)
        一般講演     第1会場  (第1会議室,3F)     10:00〜15:40

    機器展示・ポスター展示
        6月3日(月)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:30〜18:40
        6月4日(火)    展示会場 (第3会議室(2),3F)    9:40〜13:30
        6月5日(水)    展示会場 (第3会議室(2),3F)   10:00〜15:10

    展示社(申込順)
        ZZ Resistivity Imaging Pty. Ltd, アクト電子(株), (株)テラ
        (株)ジオファイブ, 白山工業(株), (株)レアックス

    論文集冊子広告会社(申込順)
        川崎地質(株), (株)物理計測コンサルタント, 伊藤忠テクノソリューションズ(株)

    参加申込(講演会・交流会) 事前登録は5月20日まで
      事前登録はこちら
        *クレジットカードによるオンライン決済が可能となりました.
         なお,手数料(350円)は利用者負担となります.
      講演会参加費(参加費は外税となりました)
       一般:7,560円(事前登録,税抜7,000),8,640円(会場登録,税抜8,000)
       学生:3,780円(事前登録,税抜3,500),4,320円(会場登録,税抜4,000)
        *講演論文集は冊子のみとなりました.CD-ROMは廃止いたしましたが,
         論文集PDFを講演会終了後1週間を目処に,学会ホームページの
         学術講演会講演論文集公開システムで公開いたします.
       事前登録:講演論文集(冊子)を会場で配布
       会場登録:講演論文集(冊子)は希望者に有料頒布(1,620円(税抜1,500円).売切れ御免)
       (日本の物理探鉱(探査)100周年記念は参加費不要で一般の方にも公開)
      交流会参加費
       一般:5,400円(事前登録,税抜5,000),6,480円(会場登録,税抜6,000)
       学生:3,240円(事前登録,税抜3,000),3,240円(会場登録,税抜3,000)

      会場登録の注意事項
       講演会会場での現金授受はできません.会場登録の参加費等の支払いは
       会場外の金融機関での振込をお願いします.郵便局をご利用の場合は
       会場受付で払込用紙をお渡ししますので,郵便局で必要額をお支払いください.
       郵便局は会場から徒歩5分程のところにあります.

    連絡事項
      (1)優秀発表賞について
      (2)最優秀発表賞について
      (3)発表者注意事項(発表者の方は必ずご覧下さい)
      (4)講演会プログラムのセッション名は目安としてお考えください.
      (5)講演会プログラムの印刷は右上の印刷ボタンをクリックして下さい.

    学会事務局 〒101-0031 東京都千代田区東神田1-5-6 MK第5ビル 2F
        電話:03-6804-7500 FAX:03-5829-8050 電話:090-7214-7500(講演会期中)
        email:office@segj.org URL:http://www.segj.org/

2019年4月26日 公開
2019年5月08日 日本の物理探査100周年記念行事追加
2019年5月10日 プログラム変更(P8キャンセル)
2019年5月17日 日本の物理探査100周年記念行事座長追加



会場案内

6月3日 第1会場

セッション [土木2]
座長 山田 信人(日本地下探査)
 
6月3日 10:30〜10:50 1) 地中レーダー波形のスペクトル解析による地下空洞規模の推定 [講演要旨]

○中村 友洋・後藤 忠徳(京大・院・工学研)
6月3日 10:50〜11:10 2) 2 GHz ホーンアンテナを用いた道路橋におけるアスファルト層とコンクリート床版境界の異常検出 [講演要旨]

○青池 邦夫(応用地質),田中 正吾(山口大学名誉教授),高瀬 尚人・松山 明男・山内 政也・豊島 勉・宇野 嘉伯(応用地質)
6月3日 11:10〜11:30 3) 高周波交流電気探査の工業用水道管更新優先度調査への適用 [講演要旨]

○万沢 かりん・上田 匠(早大・創造理工),神宮司 元治・横田 俊之(産総研)
6月3日 11:30〜11:50 4) 高周波弾性波探査による土石流被災砂防ダム堤体内構造のイメージング [講演要旨]

○稲崎 富士・木佐貫 寛・小河原 敬徳・清水 武志・藤村 直樹(土木研)
6月3日 11:50〜12:10 5) 実物大模型実験によるグラウンドアンカー緊張力と固有振動周波数の関係 [講演要旨]

○斎藤 秀樹(応用地質),山崎 充(中日本ハイウェイ・エンジ名古屋),八嶋 厚・名波 一輝・村田 芳信・苅谷 敬三(岐阜大),青池 邦夫・高橋 一徳・曽根 好徳(応用地質)


セッション [土木3]
座長 地元 孝輔(東工大)
 
6月3日 13:10〜13:30 6) 洋上地盤調査への物理探査の適用 〜海底逆PS検層〜 [講演要旨]

○川崎 悠介・信岡 大・松原 由和・久住呂 貴之・平出 亜(応用地質),永島 三雄(レノバ)
6月3日 13:30〜13:50 7) 洋上地盤調査への物理探査の適用〜海底微動アレイ探査〜 [講演要旨]

○今井 幹浩・宮崎 育三・信岡 大・松原 由和・平出 亜(応用地質)
6月3日 13:50〜14:10 8) 多連漂游型S波ゾンデ [講演要旨]

○川上 哲・赤津 正敏・鈴木 丙午(中央開発)
6月3日 14:10〜14:30 9) 水域における浅部物理探査(その3):渇水期における比較計測 [講演要旨]

○稲崎 富士・小河原 敬徳・小林 貴幸(土木研)
6月3日 14:30〜14:50 10) 傾斜構造における「3D-HDトモグラフィ」適用の検討 [講演要旨]

○佐藤 礼・山田 信人・赫 伸仁(日本地下探査),林 和男・佐藤 進・藤本 潤(中電技術コンサルタント)


セッション [防災2他]
座長 羽佐田 葉子(大和探査, ENAA)
 
6月3日 15:10〜15:30 11) Comparison of different implementations of the free surface for foothill topography through SEM and FDM methods. [講演要旨]

○山田 信人・佐藤 礼(日本地下探査),Barnes Christophe(UCP, GIM-labs),Charara Marwan・Sabitov Denis(Skoltech)
6月3日 15:30〜15:50 12) 音源搭載型UAVを用いた非接触音響探査法による外壁検査に関する検討(2) [講演要旨]

○杉本 恒美・杉本 和子・上地 樹(桐蔭横浜大院),歌川 紀之・黒田 千歳(佐藤工業)
6月3日 15:50〜16:10 13) チェーンアレー探査による地下壕の探査 −自然微動を用いた表面波探査− [講演要旨]

○林 久夫(ジオックスコンサルタント株式会),高木 俊男・上熊 秀保(復建調査設計株式会社)
6月3日 16:10〜16:30 14) オーストラリア東方沖ロードハウライズにおけるIODP科学掘削提案サイトのための高精度海洋反射法地震探査 [講演要旨]

○真田 佳典・青池 寛・白石 和也(JAMSTEC),Easton Laura・Hackney Ron(ジオサイエンス オーストラリア),海宝 由佳(JAMSTEC),Boston Brian(コロンビア大学),杉原 孝充・木戸 ゆかり・町田 秀介・村山 達矢(JAMSTEC)
6月3日 16:30〜16:50 15) 糸魚川―静岡構造線活断層系神城断層における高解像度極浅層S波反射法地震探査 [講演要旨]

○池口 直毅(東京大学地震研究所),松多 信尚(岡山大学大学院教育学研究科),楮原 京子(山口大学教育学部),岡田 真介(東北大学大学院理学系研究科),廣内 大助(信州大学教育学部),石山 達也(東京大学地震研究所),野田 克也(株式会社ジオシス),佐藤 比呂志(東京大学地震研究所)
6月3日 16:50〜17:10 16) 臨時地震観測記録を用いた地震波干渉法による富士川河口断層帯周辺のS波速度構造モデルの検証 [講演要旨]

○地元 孝輔・山中 浩明(東工大),津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),三宅 弘恵(東大),先名 重樹(防災科研)



6月3日 第2会場

セッション [土木1・防災1]
座長 津野 靖士(鉄道総研)
 
6月3日 10:30〜10:50 31) 連続ウェーブレット変換を用いた表面波マルチチャンネル解析による位相速度の推定 [講演要旨]

○池田 達紀・辻 健(九大)
6月3日 10:50〜11:10 32) AMT探査による布田川断層西方延長部の浅部構造の解明 [講演要旨]

○後藤 忠徳・麻植 久史・小池 克明(京都大学工学研究科),山口 覚(大阪市立大学理学研究科),相澤 広記(九州大学理学研究院)
6月3日 11:10〜11:30 33) スパースモデリングを用いた放射能探査のガンマ線スペクトル解析 [講演要旨]

○水永 秀樹・田中 俊昭・山田 一輝(九州大学)
6月3日 11:30〜11:50 34) 干渉SAR解析を用いた防災対策について [講演要旨]

○中村 貴子・六川 修一(東大)
6月3日 11:50〜12:10 35) SARコヒーレンシー差分画像の防災利用の可能性について [講演要旨]

○六川 修一・中村 貴子(東大),作野 裕司(広島大)


セッション [環境他]
座長 青池 邦夫(応用地質)
 
6月3日 13:10〜13:30 36) 地中レーダ法解析におけるFDTD法シミュレータによるデータ生成及び深層学習への利用可能性 [講演要旨]

○山下 奨平(早大・理工),磯 真一郎(深田研),上田 匠(早大・理工)
6月3日 13:30〜13:50 37) ALISによるカンボジアでの人道的地雷除去活動 [講演要旨]

○佐藤 源之・菊田 和孝(東北大学)
6月3日 13:50〜14:10 38) MTインピーダンスの回転不変量の時間的変動について [講演要旨]

○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工・地殻環境工学)
6月3日 14:10〜14:30 39) 模擬廃棄物層における通電時間に着目したIP法の基礎的検討 [講演要旨]

○山 聡司朗・左 一洋・香村 一夫(早大理工)
6月3日 14:30〜14:50 40) 埋立廃棄物層内メタル濃集ゾーンの把握に対する電気探査IP法の有効性について [講演要旨]

○左 一洋・宮田 匡人・山 聡司朗・香村 一夫(早大理工)


セッション [地熱]
座長 坂中 伸也(秋田大学大学院国際資源学研究科)
 
6月3日 15:10〜15:30 41) 木地山DAS-VSP+SSP実験におけるデータ取得とイメージング [講演要旨]

○藤澤 萌人・青木 直史・清水 英彦((株)地球科学総合研究所),毛利 拓治(JOGMEC),原 彰男((株)地球科学総合研究所)
6月3日 15:30〜15:50 42) 超短基線AMT探査法を用いた地熱地域における地下比抵抗構造解析 [講演要旨]

○山田 勇次・後藤 忠徳・川口 草太(京都大学工学研究科),佐々木 裕(長崎大学)
6月3日 15:50〜16:10 43) Dimensionality and Directionality Analysis of MT Data to Image Geothermal Systems in Kiejo-Mbaka Geothermal Field, SW Tanzania. [講演要旨]

○トゥーブ ルーカス ボニフェス・水永 秀樹(九州大学)
6月3日 16:10〜16:30 44) 奥会津地熱地域における涵養注水試験時の微小地震モニタリング [講演要旨]

○田中 勇希・岡本 京祐・浅沼 宏(産総研),岡部 高志(地熱技術開発),阿部 泰行(奥会津地熱),都築 雅年(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
6月3日 16:30〜16:50 45) Scintrex重力計を用いた微小重力モニタリングのための精密ドリフト補正 [講演要旨]

○村田 泰章(産業技術総合研究所)
6月3日 16:50〜17:10 46) 福島県郡山盆地における精密重力探査 [講演要旨]

○村田 泰章・石原 武志(産業技術総合研究所)



6月3日 第3会場

セッション [ポスター1]
座長 堀田 淳((株)ジオテック)
 
6月3日 17:10〜18:40 P-1) レイトレーシングを用いた地中レーダの波動伝播シミュレーション [講演要旨]

○清元 陽介・水永 秀樹・田中 俊昭・岩本 鐘海(九州大学)
6月3日 17:10〜18:40 P-2) 重金属汚染水のカラム吸着実験における比抵抗モニタリング [講演要旨]

○宮田 匡人・楠山 永介・左 一洋・香村 一夫(早大理工)
6月3日 17:10〜18:40 P-3) Pythonを用いた電磁探査法の1次元順解析数値計算手法の開発 [講演要旨]

○松本 侑也・上田 匠(早大・創造理工)
6月3日 17:10〜18:40 P-4) 地中レーダー探査プロファイル測定記録に対する速度センブランス解析ー後生掛地熱地域大湯沼周辺における浅部物理探査ー [講演要旨]

○井上 雄介(秋田大 (応用地質)),筒井 智樹(秋田大(京大防災研)),坂中 伸也(秋田大),小林 拓也(秋田大 (新潟県庁)),竹井 瑠一・多田 悠也・Muhammad Faizul N.Z・森脇 知哉(秋田大)
6月3日 17:10〜18:40 P-5) 超短基線電場測定によるAMT探査の試み [講演要旨]

○後藤 忠徳・山田 勇次・川口 草太・大田 優介・佐藤 真也・小路 久稔(京都大学工学研究科),佐々木 裕(長崎大学)
6月3日 17:10〜18:40 P-6) 秋田県由利原油ガス田周辺のMT/AMT探査 [講演要旨]

ムハンマド ファイズル ニザム ビン ザイヌディン(秋田大学国際資源学部),○坂中 伸也・小林 拓也・井上 雄介(秋田大学大学院国際資源学研究科),多田 悠也・加藤 健太(秋田大学国際資源学部),生田 慎二(秋田大学大学院国際資源学研究科),野尻 丈道(JA鶴岡)
6月3日 17:10〜18:40 P-7) 微動観測に基づく山間部での表層地盤調査のための軽量型微動計の適用性に関する検討 [講演要旨]

○栗山 雅之・佐藤 浩章(電力中央研究所)


セッション [ポスター2]
座長 千鳥 雅由(日本物理探鑛(株))
 
6月3日 17:10〜18:40 P-9) 無人地上車両を用いた周波数領域電磁探査法システムの応答特性 [講演要旨]

○佐竹 海・万沢 かりん・上田 匠(早大・理工),神宮司 元治・小森 省吾・横田 俊之(産総研)
6月3日 17:10〜18:40 P-10) 干渉SAR解析による八丈島三原山周辺の地表変動に関する研究 [講演要旨]

○濱村 悠成・小田 義也(首都大学東京・都市環境)
6月3日 17:10〜18:40 P-11) 東北地方太平洋沖地震における宮城県石巻市桃生町の局所的な家屋被害と浅部S波速度構造の関係 [講演要旨]

○水谷 圭佑・小田 義也(首都大学東京・都市環境)
6月3日 17:10〜18:40 P-12) Googleマップを利用した微動アレイ探査の観測点設計の自動化 [講演要旨]

○郭 雨佳・宮腰 研(一般財団法人地域地盤環境研究所)
6月3日 17:10〜18:40 P-13) S波部分上下動の地震動応答解析における時刻歴波形の安定化 [講演要旨]

○吉田 邦一(地域地盤環境研)
6月3日 17:10〜18:40 P-14) トルコ・エスキシェヒル盆地の建物高さと固有振動の関係 [講演要旨]

○津野 靖士(鉄道総研),山中 浩明(東工大),カプラン オヌー(アナドル大),メーメット サファ アルスラン・オゼル オグズ(イスタンブール大)
6月3日 17:10〜18:40 P-15) 極小アレイ探査によるスペインムルシアのVS30マップ [講演要旨]

○小田 義也(首都大学東京),Navarro Bernal Manuel(アルメリア大学),荏本 孝久(神奈川大学)
6月3日 17:10〜18:40 P-16) 可搬型三成分地震・微動観測システムの開発 [講演要旨]

○鈴木 晴彦・石塚 理・棚澤 美秋・林 宏一(応用地質),太田 賢治(4Dジオテック)



6月5日 第1会場

セッション [資源探査]
座長 真田 佳典(JAMSTEC)
 
6月5日 10:00〜10:20 17) 3次元CSEM法逆解析法を用いた海底熱水鉱床探査 [講演要旨]

○石須 慶一・後藤 忠徳(京都大学),Siripunvaraporn Weerachai(マヒドン大学)
6月5日 10:20〜10:40 18) 特性曲線法による、リバースタイムマイグレーションにおけるアングル領域共通イメージ点ギャザーの作成 [講演要旨]

○岡田 信(日本地下探査)
6月5日 10:40〜11:00 19) 火山岩貯留層における重力・磁気・地震探査および坑井データを用いた統合評価 [講演要旨]

○持永 尚子・東中 基倫(地科研),高井 克己(石油資源開発)
6月5日 11:00〜11:20 20) 数値地震波形を使用したデジタルコア試料のひずみ異常検出 [講演要旨]

○松島 潤(東大・院・工学研),アリ モハメド・ブチャラ ファテ(ハリファ大学)
6月5日 11:20〜11:40 21) Feasibility study of seismic imaging of supercritical reservoir(s) using DAS and DTS methods in the Ibusuki geothermal field [講演要旨]

笠原 順三(静岡大, ENAA),○羽佐田 葉子(大和探査, ENAA),久詰 陽康(ENAA),藤瀬 吉博(WELMA, ENAA),三ケ田 均(京大・院・工学研)
6月5日 11:40〜12:00 22) 常設型震源アクロスとDASを併用したオフセットVSPによる CO2貯留層のモニタリングに関する検討 [講演要旨]

○市川 大・中務 真志・下田 直之・伴 英明・加藤 文人(JOGMEC),White Don(GSC),Nickel Erik(PTRC),Daley Thomas(LBNL)


セッション [防災3]
座長 小田 義也(首都大学東京)
 
6月5日 13:00〜13:20 23) 2018年北海道胆振東部地震の高震度強震観測点における表面波探査法を用いた浅部地下構造探査 [講演要旨]

○野本 真吾・堀田 淳(ジオテック),高井 伸雄(北大),重藤 迪子(九大),前田 宜浩(防災科研),山中 浩明・地元 孝輔(東工大),津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),山田 伸之(高知大)
6月5日 13:20〜13:40 24) 北海道むかわ町における単点微動観測 [講演要旨]

○重藤 迪子(九大),高井 伸雄(北大),堀田 淳・野本 真吾(ジオテック),前田 宜浩(防災科研),山中 浩明・地元 孝輔(東工大),津野 靖士・是永 将宏(鉄道総研),山田 伸之(高知大)
6月5日 13:40〜14:00 25) 岩手県盛岡市青山地区と本宮地区を対象とした極小微動アレイ観測による地盤振動特性の評価 [講演要旨]

○山本 英和(岩手大・理工),大場 星也・多田 光希(岩手大学),齊藤 剛(岩手大・理工)
6月5日 14:00〜14:20 26) 微動アレイ探査による3次元S波速度構造を用いた糸島半島の地盤増幅率の評価 [講演要旨]

○萩森 一郎・池田 達紀・辻 健(九大)
6月5日 14:20〜14:40 27) トルコ・エスキシェヒル盆地の表層地盤のS波速度構造探査 [講演要旨]

○山中 浩明・地元 孝輔(東工大),津野 靖士(鉄道総研),高井 伸雄(北大),三宅 弘恵(東大),オゼル オウズ・アルスラン サファ・ヤルチンカヤ エシュレフ(イスタンブール大),ツン ムアマー・カプラン オヌール・ぺカン エムラ―(アナドル大)
6月5日 14:40〜15:00 28) 2015 年ネパール・ゴルカ地震におけるカトマンズ盆地内のある被害集中域の表層地盤の物理探査 [講演要旨]

○森 伸一郎・馮 金戈・小林 巧(愛媛大学),山田 雅行(ニュージェック),山本 英和(岩手大学),バンダリ ネトラP(愛媛大学)
6月5日 15:00〜15:20 29) 熊本県阿蘇谷で実施した微動アレー探査の結果 −阿蘇谷亀裂群のS波速度構造− [講演要旨]

○林 久夫(ジオックスコンサルタント株式会),原口 強(大阪市立大学)
6月5日 15:20〜15:40 30) 微動を用いた広域3次元S波速度構造モデルの推定-自動表面波位相速度推定に向けて- [講演要旨]

○二宮 啓・池田 達紀・辻 健(九州大学)



< 閉じる >