ホーム > 行事案内と報告 > 開催情報
入会案内 賛助会員 よく分かる物理探査 図解物理探査eBook

開催情報

第134回優秀発表賞(口頭)

第134回(平成28年度春季)学術講演会 優秀発表賞(口頭)

2016.09.08 学術講演委員会

学術講演会優秀発表賞は、若手会員による研究を促進し、その成果を学術講演会で積極的に発表していただき、学会全体の活性化につなげることを目的としています。35才以下の発表者(登壇者)を対象としており、口頭発表とポスター発表それぞれに賞が設けられています。審査は所定の審査表を用いて主に各セッションの座長が行います。採点項目には、プレゼンテーションの状況(スライド・ポスターの見やすさ、発表の分かり易さなど)、研究成果の技術的内容(新規性、完成度など)、発表時間、質問への対応状況などがあります。

 第134回(平成28年度春季)学術講演会終了後、採点結果をとりまとめ、学術講演会優秀発表賞(口頭)の受賞者を決定しました。審査の方針として、受賞者数を対象者の20%以下としていますが、同時に基準点を設けています。また、連続受賞された方は1年間対象外としています。受賞者一覧を下に示します。受賞者は学会ホームページにも掲載し、また、次年度の学術講演会(平成29年度春季)の会場において賞状の授与を行います。

独立成分分析を用いた海底電場データのノイズ除去の試み
○佐藤 真也・後藤 忠徳(京大・工・地殻環境工学),笠谷 貴史(JAMSTEC),川田 佳史(東北大・災害科学国際研究所)

地熱地域の反射法調査における静補正処理の課題 ―山川弾性波探査実証試験における取り組み―
○新部 貴夫・青木 直史・佐藤 馨・阿部 進((株)地球科学総合研究所),福田 真人(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)

○が受賞者

                                     以上



ページトップ
戻る