公益社団法人 物理探査学会

会長メッセージ

東北地方太平洋沖地震について

物理探査学会会長

社団法人物理探査学会を代表し、東北地方太平洋沖地震により罹災された皆さま、ご家族の方々には、心よりお見舞い申し上げます。皆さまの安全とご健康、一日も早い復旧をお祈り申しあげます。また、甚大な被害によって亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。  物理探査学会では、これまで、地震などによる自然災害の軽減や発電所などの重要構造物の安全性評価のために地下構造調査技術の向上に努めてきました。今回の地震による被害は戦後最悪の規模となっています。当学会は、これらの被災地に関係する地質資料や地震記録、地球物理データを収集して皆さまに提供するとともに、皆さまの安全と安心な生活に貢献できるように、今後とも研究を進めたいと思っております。

▲ページ先頭へ戻る