公益社団法人 物理探査学会

学会 News

特集号「宇宙線ミュオンを利用した地下探査の新潮流」 一般論文募集のお知らせ

宇宙線ミュオンの透過性を利用して物体内部の密度分布を可視化技術する技術は、これまでピラミッドや火山を透視することに適用されてきたが、測定機器の小型化や高精度化などの技術革新により、適用分野の拡大と新潮流の形成へ世界的関心が高まっている。とりわけ、地下探査分野においては石油・天然ガス資源あるいは鉱物資源の探査技術の高度化、老朽化する社会インフラの劣化モニタリング技術としての適用などが検討されている。本特集号では、宇宙線ミュオンを利用した地下探査技術に関係する、新技術の紹介、適用事例の紹介、技術課題の抽出と解決法、既存探査スキームとの融合・体系化などの原稿を広く募集し、新潮流を最終的に果実に結びつけるための技術ロードマップ策定を描く機会としたい。

▲ページ先頭へ戻る