公益社団法人 物理探査学会

学会 News

特集号「無人機と物理探査の融合」一般論文募集のお知らせ

物理探査学会では、特集号「無人機と物理探査の融合」に掲載する論文を募集します.

下記の主旨をご参照の上、ご投稿ください。

【特集号の論文募集について】
 無人機による物理探査技術は、継続的な技術革新の下、データ取得の効率性・精度を向上させるとともに、
 探査にかかるコストを低減させてきた。無人機の活躍は陸・海・空と場所を選ばず、人が容易に立ち入ること
 のできない領域の探査において、学術面・経済面で人類の知的好奇心をそそる成果が次々生まれている。
 特に、無人航空機(ドローン)市場の成長は近年著しく、農業・防災関連における利用の急拡大をはじめ、
 社会インフラ保全・採鉱分野等にまで波及している。

 本特集では、物理探査技術の無人化に関する要素技術の開発やその実装、無人機による探査技術がもた
 らす成果の現状と課題等、無人物理探査技術の最前線を概観することを目的に、無人航空機・無人地上車両
 (UGV)・自律型無人潜水機(AUV)等、様々な無人機と物理探査の融合に関する題を幅広く募集する。

 論説・論文・ケーススタディ・ラピッドレター・技術報告・解説のいずれの種別の原稿投稿も歓迎する。


【投稿方法】

  一般論文投稿に準ずる。投稿の際には「無人機と物理探査の融合」特集号への投稿である旨を伝えること。


【スケジュール】

  原稿締切:20209月末日

  最終原稿締切:202012月中頃

  オンライン掲載:20212



▲ページ先頭へ戻る