公益社団法人 物理探査学会

学会 News

地盤探査研究会 開催案内(再)

地盤探査研究会 令和3年度第1回(第38回)研究会が来週になりましたので、再度ご案内いたします。

なお本研究会は、9月22日に地震防災研究会主催で開催される「微動探査の国際展開のための標準化に関するシンポジウム」に先立ち、
微動アレイ探査の実例紹介と、国際標準化に関する基本的な事項の確認を行うものです。
来たるシンポジウムでは、微動アレイ探査の国際標準化に関し、より詳細な技術内容を議論予定ですので、本研究会と合わせて是非参加をご検討ください。

【以下、前回までの案内と同じ】

公益社団法人物理探査学会・地盤探査研究会では、下記の通り令和3年度第1回(第38回)研究会を開催します.

地盤探査研究会は、地盤およびそれに係わる周辺環境などに対する物理探査の進歩・発展と適正な普及を図るために必要な様々な課題と理論・技術について研究することを目的に、物理探査学会の会員を対象に活動しております。

この度、微動アレイに関する意見交換を行う場を提供いたします。
オンライン開催ではありますが、気軽に質疑や議論が行える機会とする予定です。
非会員でも参加できます。皆様のご参加をお待ちしております。

参加申し込みは、「地盤探査研究会参加」とタイトルに記載の上、お名前、ご所属、会員非会員の区別、メールアドレス、CPD希望の有無を明記の上、学会事務局までメールにて、お申し込みください。
お近くの当研究会幹事に参加連絡を頂くことでも登録できます。
参加には事前登録が必要です。

学会事務局メールアドレス:office@segj.org

           記

日 時:令和3年8月25日(水)13:30-15:00
(ただし,13:15頃より微動アレイの歩掛に関する説明を行う予定です。)

会 場:オンライン(別途アクセス方法を案内)

参加費:無料

定 員:80名程度 (先着順)
    申し込みが定員になり次第締め切らせていただきます。
    物理探査学会会員を優先させていただきます。

講演内容(講演者 敬称略):

・微動アレイ探査の海外・国内適用事例の紹介(林 宏一,応用地質株式会社)
・微動アレイ探査の国際標準化の状況について(小西 千里,応用地質株式会社)

                            以上

▲ページ先頭へ戻る