公益社団法人 物理探査学会

学会 News

特集号「海底下浅層の探査技術と開発」一般論文募集のお知らせ

広域の地質構造を把握することを目的とした物理探査の基幹技術は一定のレベルを迎えている中で、
海底下浅層の物理探査技術は、コンピューターの発展と合わせて時代と共に、データ取得の効率化
及び高密度化、データ処理におけるノイズの軽減また分解能の向上を図ると共に、それぞれの工程に
かかるコストを低減させてきた。地下の状況を把握する物理探査は、鉱山や資源探査のみならず、
防災関連、洋上風力発電施設、土木・環境調査、CO2貯留適地の調査、そして海底ケーブル敷設など
社会インフラ分野に波及しており、ターゲットの把握に必要なスケールに合わせた探査は,克服課題の
設定および技術開発やデータ取得に多くの余地があり、研究開発を進める上で分野を跨いだ科学者の
連携が欠かせない。

本特集では、物理探査の現状、内外の事例の紹介、広い分野からの要望・提言を目的に,
海底下浅層における物理探査法の今後の研究・開発・利用について議論を深めたい。
論説・論文・ケーススタディ・ラピッドレター・技術報告・解説のいずれの種別の原稿投稿も歓迎する。

投稿方法

一般論文投稿に準ずる。投稿の際には「海底下浅層の探査技術と開発」特集号への投稿である旨を伝えること。

スケジュール

原稿締切:20225月末日

最終原稿締切:20227月中頃

オンライン掲載:20229

▲ページ先頭へ戻る